9月までに台風の上陸なしは11年ぶり7回目

台風13号と熱帯低気圧の雲(ウェザーマップ)

台風13号は日本のはるか東海上を北上

台風13号の予報円(ウェザーマップ)
台風13号の予報円(ウェザーマップ)

最新の台風情報(気象庁発表)

台風13号は暴風域を持つ台風として日本のはるか東海上を北上中です。

きょう29日(火)15時現在、中心気圧980hPa、最大風速30メートル、最大瞬間風速45メートルとなっており、台風13号としてはちょうど今が最盛期と言える状態です。

ただ進路はすでに日本へ向かう方とは逆の北北東へ進んでおり、このまま日本のはるか東を北東へ進みながら、あす30日(水)には温帯低気圧に変わる見込みです。

またタイトル画像をみると、台風13号の南側に別の熱帯低気圧がありますが、今後衰弱する予想となっており、あすまでに台風となって日本に上陸することはまずあり得ません。

これで9月までに台風の上陸が一つもないことが確定的となり、これは1951年の統計開始以降では、11年ぶり7回目のこととなり、平均すれば10年に1回程度の出現頻度です。

9月までに台風の上陸はなし

今年の接近台風(ウェザーマップ)
今年の接近台風(ウェザーマップ)

今年は7月に初めて台風の発生がゼロになるなど、7月が終わった時点で、わずか2個の台風しか発生していませんでした。

ところが、8月に入った途端、平年と同程度の台風が発生し、台風4号が沖縄に接近したのを皮切りに、台風5号、台風8号、台風9号が沖縄から九州の西側を同じように北上し、一時特別警報級と騒がれた台風10号も九州の西側をかすめるように北上しました。

さらに先週は台風12号が日本の南で発生後、北上し、一時上陸する可能性も出ていましたが、結果的には海へカーブし、伊豆諸島の東で温帯低気圧に変わりました。

このように8月から9月にかけて、多くの台風が日本に接近しましたが、結果的には上陸はしておらず、9月までに台風が本土に一つも上陸しないのは、2009年以来11年ぶり、7回目となります。

この11年前の2009年は、10月に入ってから、大型で強い台風18号が愛知県に上陸し、広い範囲に甚大な被害をもたらしました。

この他、2008年、2000年、1987年、1986年、1984年も9月までに台風が一つも上陸しませんでしたが、1987年はやはり10月に入ってから台風19号が上陸しており、また上陸しないまでも、2個程度の台風が10月以降に接近しています。

9月までに台風の上陸が一つもないからといって、油断禁物です。

新たな低圧部が発生予想

予想天気図(気象庁発表資料に筆者加工)
予想天気図(気象庁発表資料に筆者加工)

気象庁が発表した予想天気図によると、台風13号は前線を伴った低気圧に変わり、また現在発生している熱帯低気圧も今後弱まり、天気図上からは姿を消す予想です。

一方、これとは別にあす30日(水)午前9時には、日本の南、北緯20度、東経140度付近で、新たな低圧部の発生が予想されています。今後、熱帯低気圧に変わるかどうかなど、注目すべき存在となるかもしれません。