九州南部は梅雨入りの一方で、北海道は季節外れの真夏日に

30日(土)午前6時の天気図(ウェザーマップ)

九州南部はほぼ平年並みの梅雨入り

推計気象分布(ウェザーマップ)
推計気象分布(ウェザーマップ)

タイトル画像の天気図にもある通り、本州付近の高気圧に押されて、梅雨をもたらす梅雨前線は日本の南海上に大きく南下していたのですが、きょうになって西から徐々に北上しており、これに伴う雨雲が鹿児島県など九州南部にかかってきています。

今後も九州南部ではこの梅雨前線の影響を受ける日が多くなることから、鹿児島地方気象台は、きょう30日(土)午前11時に九州南部の梅雨入りを発表しました。九州南部の梅雨入りの平年日は5月31日ですから、ほぼ平年並みの梅雨入りということが言えるでしょう。

ただ正式に言えば、気象台の発表は「30日(土)ころに梅雨入りしたとみられる」ということで、これは速報値であって、今後の梅雨や夏の天候の結果を検討し、9月の初めに確定値が発表されることとなります。

夕方以降、雨脚が強まる

30日午後9時の雨の予想(ウェザーマップ)
30日午後9時の雨の予想(ウェザーマップ)

梅雨入りが発表された九州南部は、現在雨がぱらついている程度ですが、今後梅雨前線に伴うしっかりとした雨雲が東シナ海から近づき、夕方から今夜にかけて、雨脚の強まる所が出てくるでしょう。

あす朝は激しい雨に注意

31日午前6時の雨の予想(ウェザーマップ)
31日午前6時の雨の予想(ウェザーマップ)

さらにあす31日(日)朝には梅雨前線上の低気圧が近づくため、一段と活発な雨雲が通過し、雷を伴って、激しく降る所がありそうです。

計算上の最大降水量は、鹿児島県や宮崎県で100ミリ~150ミリ程度が予想されていますので、土砂災害や河川の増水などに注意が必要です。

北海道は朝の寒さから一転、すでに真夏日の所も

北海道の気温(ウェザーマップ)
北海道の気温(ウェザーマップ)

一方、きょうは九州以外では高気圧に覆われて、晴れて暑くなっている所が多く、なかでも北海道は上空に流れ込む暖気とフェーン現象の影響で、朝の寒さから一転、気温が急上昇しており、すでに30℃以上の真夏日が続出しています。

午前11時までの最高気温と(最低気温)は以下の通りです。

中徹別31.1℃(3.3℃)

帯広31.0℃(8.6℃)

池田30.7℃(3.6℃)

陸別30.5℃(6.1℃)

川湯30.2℃(3.2℃)

など。

これらを含め、すでに20地点で真夏日を記録しており、朝の最低気温との日較差はすでに多くの所で25℃以上に達しています。

コロナウィルス対策で屋外でもマスクをする方が多いと思いますが、熱がこもって熱中症の危険度が上がりますので、ソーシャルディスタンスを心掛けつつ、マスクをしないことも熱中症を防ぐ対策の一つです。

もちろん、北海道以外も暑さに要注意です。