北海道は先日の真夏日から一転、雪化粧の所も?関東は激しい雷雨に注意

北海道の雪道(写真:アフロ)

強い寒気で北海道は内陸中心に雪に

雪や雨の予想(ウェザーマップ)
雪や雨の予想(ウェザーマップ)

3日前の日曜日(5月3日)、本州付近で30℃以上の真夏日が続出した日、北海道でも季節外れの暑さとなり、十勝地方を中心に4地点(陸別、中徹別、糠内、足寄)で今年初の真夏日を観測しました。

ところが今度は一転、上空に一か月前の冷たい空気が流れ込むため、今夜からあす7日朝にかけて、内陸を中心に雪が降る見込みです。

今夜午後10時の雪や雨の予想をみると、先日真夏日となった陸別など十勝地方を中心に、オホーツク海側にかけて雪が降り、積雪となる所もありそうです。

内陸を中心に雪化粧する所も

7日午前6時までの予想降雪量(ウェザーマップ)
7日午前6時までの予想降雪量(ウェザーマップ)

あす7日午前6時までのコンピュータによる予想降雪量は、標高が500メートルを超えるような山沿いや山間部で、3センチ~10センチ位。その他、内陸でも1センチ以上を示す濃い青色が広がっており、3日前に真夏日を記録した陸別などでも、うっすらと雪化粧するかもしれません。

北海道はGWが明けても、オホーツク海側や山沿いなどを中心に雪が降ることがありますので、この時期の雪はそれほど珍しくはないと思いますが、さすがに3日前に30℃以上の真夏日となった所で雪化粧するというようなことになれば、滅多にない現象だと思われます。

関東は激しい雷雨に要注意

関東の雷雲の様子(6日16時気象庁)
関東の雷雲の様子(6日16時気象庁)

一方、関東地方も上空の寒気の影響で、北部を中心に雨雲が発達し、雷を伴って激しい雨の降っている所があります。

関東地方を中心に、広く雷注意報が出され、今夜遅くにかけて、雷を伴った大雨となる所があるでしょう。

落雷や突風、ひょうなどにも注意が必要です。