北海道で記録、朝はダウンが必要な寒さ、昼は真夏日の季節感

阿寒湖(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

北海道で初真夏日

3日の最低気温と最高気温(気象庁発表に加工)
3日の最低気温と最高気温(気象庁発表に加工)

緊急事態宣言下で、ステイホームが求められているGWではありますが、きのう2日(土)は本州付近で真夏日が100地点近く出るなど、今年一番の暑さの所が多くなり、きょう3日(日)も北日本を中心に暑さが続いています。

最高気温をみると東北地方で赤い30℃以上の真夏日が続出している他、北海道の4地点でも今年初の真夏日を記録しています。

そしてこの北海道の最低気温に注目すると、濃い青色の5℃未満の所も多くなっており、朝と昼の気温差が25℃以上という、本州付近ではなかなか味わえない気温差となっています。

朝はダウン、昼は半袖の季節感

3日の北海道の最低気温と最高気温(筆者作成)
3日の北海道の最低気温と最高気温(筆者作成)

けさ全国で最も気温が下がったのは北海道の阿寒湖畔。

最低気温は1.0℃まで下がり、これでも平年よりは少し高めの気温ではありますが、氷が張るような寒さで、ダウンが活躍するような空気の冷たさとなりました。

ところが日中は暖かな空気と強い日差しで気温が上がり、最高気温は28.0℃と平年より15℃以上も高く、まさに半袖1枚でちょうどいい位の暑さとなりました。

阿寒湖畔の最も暑い時期(8月上旬)の平年の最高気温は24℃位ですから、現地にしてみれば、真夏をはるかに上回るような暑さだったということになります。

ちなみに汗ばむ陽気だったきょうの東京都心の最高気温でさえ25.8℃、最低気温は16.5℃だったことを考えると、この気温差がいかに激しいものかが分かるかと思います。

さらに北海道はきょう上図のように4地点で30℃以上の真夏日を記録していますが、中徹別では最低気温2.7℃、最高気温30.5℃で、日較差(一日の気温差)は27.8℃にも上っています。

もともと本州付近より日較差が大きくなりやすい北海道ですが、ここまで開くのはけっこう珍しいかと思います。

ただ過去には北海道で日較差が30℃以上となったことが何度かあり、2017年5月3日には中徹別で、最低気温-1.8℃、最高気温28.4℃で、日較差30.2℃を記録、また1985年5月24日には川湯で、最低気温1.1℃、最高気温31.6℃で、日較差30.5℃などを記録しています。

また長野県の菅平では、2007年2月5日に、最低気温-20.3℃、最高気温11.2℃で、日較差31.5℃を記録したこともあります。