荒天は2度、木曜日夜は関東で、金曜日は北日本で警戒

壊れたビニール傘(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

低気圧が急速に発達しながら、木曜日から金曜日にかけて、日本付近を通過する見込みです。この影響で、西日本から北日本にかけて、全国的に風が強まる予想ですが、特に注意警戒を要する場所と時間帯が2度あります。

それは関東南部の沿岸部で木曜日の夜、及び北日本で金曜日(春分の日)となります。

1度目の荒天は、木曜日の夜に関東南部沿岸部で

関東の木曜日夜の雨や風の予想(ウェザーマップ)
関東の木曜日夜の雨や風の予想(ウェザーマップ)

本州の南海上を進んできた低気圧が北東へ進み、木曜日の夜に関東南部をかすめるように通過する見込みです。この影響で、一時的ではありますが、関東南部の沿岸部、特に房総半島で雨や風が強まる予想です。

房総半島は短時間の荒天に警戒

館山と東京の時系列予報(気象庁資料に加工あり)
館山と東京の時系列予報(気象庁資料に加工あり)

気象庁が発表した千葉県館山の時系列予報をみると、木曜日の午後から南西の風が10メートル以上に強まり、特に低気圧の通過する夜は雨を伴うため、横殴りの降り方をするかもしれません。

荒天の時間はせいぜい2~3時間と短いのですが、警戒が必要です。

一方東京までは荒天の領域が広がらない予想ですが、午後から南風がやや強まるでしょう。この南風の影響で、気温は20℃を超える予想で、桜の開花が急速に進むことになりそうです

2度目の荒天は、金曜日(春分の日)に北日本で

雨と風の予想(ウェザーマップ)
雨と風の予想(ウェザーマップ)

金曜日になると、日本海で急速に発達する低気圧が北海道に接近しながら通過する見込みです。

この影響で、北日本の日本海側では西寄りの風が非常に強くなり、暴風が吹き荒れるおそれがあります。

気象庁からも全般気象情報が出されており、予想される最大瞬間風速は30メートルから40メートルで、交通機関などに大きな影響が出る心配もありますので、最新の気象情報に十分ご注意下さい。