台風27号は沖縄へ。一方関東は真冬のような寒さに。

台風27号の雲の様子(21日正午ウェザーマップ)

台風27号は金曜日に石垣島付近へ

台風27号の予報円(ウェザーマップ)
台風27号の予報円(ウェザーマップ)

最新の台風情報(気象庁発表)

台風27号はコンパクトながら暴風域を伴う台風に発達し、沖縄の南海上を北西に進んでいます。すでに台風が進んでいる海域は海水温が27℃以下となっており、これ以上発達する可能性は低いものの、今夜以降も北上を続ける見込みです。

あす金曜日の日中以降は、徐々に弱まりながら北上し、夜には台風としての勢力を維持しつつ、石垣島など先島諸島付近へかなり接近する見込みです。

沖縄地方は大雨や強風などに十分な注意が必要です。

沖縄はまだ台風シーズン?

統計のある1951年以降で、11月以降の台風接近を調べてみると、本土へ接近した台風はわずかに3個しかありません。(このうち1個は上陸台風)

一方、沖縄地方へ接近した台風は30個もあり、平均すると2年に1個程度は接近している計算です。

さらに11月下旬以降に限っても10個(このうち2個は12月)接近しており、沖縄地方は11月になってもまだ台風シーズンということが言えるのかもしれません。

関東は冷たい雨で真冬の寒さ

雨雲の予想(ウェザーマップ)
雨雲の予想(ウェザーマップ)

台風27号が沖縄へ接近するとともに、南の海上に発生する前線の雨雲も北上し、あす金曜日には関東から紀伊半島にかけて、一気に広がる見込みです。

まだ寒気があまり抜けきらないところに雨雲が広がってくるため、雨の降る所ではほとんど気温が上がらず、かなり冷たい雨となるでしょう。

特に関東は寒さが顕著で、真冬のような寒さとなる可能性があります。

東京都心や横浜は10℃に届くかどうか?

東京と横浜の時系列予報(気象庁発表)
東京と横浜の時系列予報(気象庁発表)

気象庁による東京都心の時系列予報によると、まずあす朝は7℃まで下がる予想で、今季これまでの最低気温(11月16日7.8℃)を更新し、今季一番の冷え込みとなる予想です。

こんな冷え込んだ所に雨雲がだんだん広がってくるため、日中にかけて、ほとんど気温は横ばいとなるでしょう。

日中の最高気温は10℃に届くかどうかで、もしかしたら10℃に届かないまま一日が終わるかもしれません。日中は間違いなく今季一番の寒さで、まさに真冬のような寒さとなりそうです。

11月としてはかなりの寒さ

もしあす金曜日に、東京都心で最高気温が10℃に届かない(10℃未満)と、11月としてはどれくらいの寒さとなるのでしょうか?

そこで平成以降にしぼり、11月に東京都心で最高気温が10℃未満だった日を調べると以下のようになります。

2016年11月24日8.6℃(初雪を観測)

2012年11月19日9.9℃

2012年11月28日8.5℃

2009年11月19日9.4℃

1992年11月28日7.1℃

上記の5日はいずれも曇りや雨の日で、3年前の2016年は東京都心で54年ぶりに11月の初雪を観測した日です。

ということで、仮に10℃に届かなかったとしても記録的な寒さという感じではないかと思いますが、11月としてはあまりない寒さだと言えるかもしれません。

あすは傘とともに防寒対策を万全にお過ごし下さい。