新たな熱帯低気圧が発生、今後の動向に注意

熱帯低気圧の雲(15日11時ウェザーマップ)

新たな熱帯低気圧が発生

実況天気図(ウェザーマップ)
実況天気図(ウェザーマップ)

フィリピンの東海上にある雲域が急速に発達して、渦を巻き始めており、きょう午前9時に熱帯低気圧が発生しました。

昨日から発表されている気象庁の予想天気図では、特に発生が見込まれていませんでしたから、予想以上に雲域が発達してきている状況です。

今のところ、発生した熱帯低気圧は北西方向へ、つまり沖縄方面へ進むような感じでゆっくりと動いています。

まだ発生したばかりで、今後の情報は気象庁から出されていませんが、週末にかけての動向が気になるところです。

急速に積乱雲が増加

高分解能雲情報(ウェザーマップ)
高分解能雲情報(ウェザーマップ)

上空の雲の種類が分かる高分解能雲情報でみてみると、きょう午前0時と午前10時では赤丸の中の雲域で、背の高い活発な積乱雲を示す赤色のCbが増加しているのがわかります。(Clear雲なし、Ci上層雲、Cm中層雲、Cu積雲、Sc層積雲、St層雲)

また熱帯低気圧周辺の海水温は29℃以上とかなり高く、今後さらに発達してもおかしくありません。

この熱帯低気圧の動向によっては、沖縄を中心に、週末の天気に影響してくる可能性がありますので、念のため、今後の動向に注意が必要です。

あさって木曜日には沖縄南方へ

予想天気図(気象庁資料に加筆)
予想天気図(気象庁資料に加筆)

気象庁が発表した予想天気図では、今後はあまり発達することなく、今と同じくらいの勢力で、あさって木曜日には沖縄の南方海上(フィリピンの東海上)へ進む予想です。

このままあまり発達せずに消滅してもらうといいのですが…。

*予想天気図を追記しました(16時10分)