台風15号、記録的な強さで関東直撃か

台風15号の雲の様子(ウェザーマップ)

記録的な勢力で関東直撃か

台風15号予報円(ウェザーマップ)
台風15号予報円(ウェザーマップ)

最新の台風情報(気象庁発表)

タイトル画像にもある通り、台風15号は雲システムはコンパクトで小さいものの、中心付近にはきりっとした眼が見えており、一段と勢力を強めていることが分かります。

きょう午後9時現在の勢力は、小笠原の近海で、中心気圧960hPa、最大瞬間風速は60メートルとなっています。

今後も勢力をほぼ維持した状態で日曜日の日中に伊豆諸島に沿うように北上し、午後9時には伊豆半島のすぐ南海上に達する予想です。

この時点でも、中心気圧960hPa、最大瞬間風速は60メートルを維持している予想で、もしこのまま神奈川や千葉など関東へ上陸すれば、関東を直撃する台風としては過去最も強いクラスでの直撃ということになります。

統計のある1951年以降で、関東へ上陸した中心気圧の低い台風は(勢力の強い)以下の通りとなっています。

1958年台風21号960hPa(神奈川県三浦半島)

2002年台風21号960hPa(神奈川県川崎市付近)

1958年台風22号965hPa(神奈川県三浦半島)

1981年台風15号965hPa(千葉県館山市付近)

中心気圧970hPa未満で関東へ上陸した台風は上記の4例しかなく、今回の台風15号はスケールこそ小さいものの、もし予想通りの勢力で関東へ上陸すれば、記録的に強い勢力での関東直撃となります。

今現在、予想されている最大瞬間風速は、伊豆諸島で60メートルですが、過去最も強い最大瞬間風速は、八丈島で67.8メートル三宅島で55.4メートル大島で57.0メートルですから、過去の記録を更新するような暴風(烈風)が吹くおそれがあります。

また関東の沿岸でも35メートル~50メートル程度の最大瞬間風速が予想されており、記録的な暴風の吹く所があるかもしれません。

東京地方でも最大瞬間風速は35メートルと予想されており、これは大きな木が倒れてしまうような暴風です。

短期集中型の大荒れ

月曜日の雨や風予想(ウェザーマップ)
月曜日の雨や風予想(ウェザーマップ)

今回の台風15号は勢力が強いもののスケールが小さいため、大荒れの時間はせいぜい6時間程度と思われます。

東京都心のピークで言えば、日曜日の夜遅く~月曜日の明け方ということになりそうですが、この間に最大瞬間風速35メートル、最大で200から300ミリの大雨に見舞われるおそれがあります。

月曜日朝の通勤通学の時間には大荒れのピークは越えるものと思われますが、それまでの暴風や大雨の影響で、交通機関に大きな影響が残っているかもしれません。

参考:デジタル台風