大型台風10号、豊後水道から広島、山口上陸も?

迫りくる台風10号の雲(ウェザーマップ)

木曜日に西日本縦断後、日本海へ

台風10号予報円(ウェザーマップ)
台風10号予報円(ウェザーマップ)

最新の台風情報(気象庁)

大型の台風10号が西日本の南の海上まで迫ってきました。

今後は北寄りに進み、あす木曜日に西日本を縦断する見込みです。

予報円から、もしあすの朝の内に上陸するならば、宮崎県か高知県、昼頃ならば大分県か愛媛県、仮に豊後水道をすり抜けるように北上した場合は、夕方にかけて広島県や山口県に上陸するおそれもありそうです。

これまでに宮崎県や高知県への台風の上陸は多数ありますが、その他の県は少なく、

過去に大分県は3回(1963年9号1972年9号1992年11号

愛媛県は2回(1982年19号2003年4号

広島県は2回(1966年19号1990年14号

山口県も2回 (1955年23号1978年18号)となっています。

*再上陸や通過は除く(デジタル台風より

ただどこへ上陸したとしても、西日本全体で大荒れとなることに間違いありません。

また西日本を縦断した後、金曜日には日本海を北上し、温帯低気圧に変わりながら土曜日には北海道に近付く見込みです。

大型に変わっても巨大なサイズ

今年の台風の天気図(ウェザーマップ)
今年の台風の天気図(ウェザーマップ)

きょう午前3時に超大型だった台風の大きさが大型になりました

今まで中心の南側に伴っていた1000キロ以上の強風域が狭まり、全域で半径600キロと解析されたためです。

ところがまだまだ巨大なサイズと呼べるような大きさです。

今年はすでに2個の台風(台風6号台風8号)が上陸していますが、天気図でみてもそのサイズの差は歴然。2個の台風に比べて、等圧線が本州付近を覆ってしまうほどの大きさとなっています。

一時期騒がれた超大型の台風の襲来でなくとも、広範囲に大きな影響を及ぼすのは間違いありません。

1000ミリ超え以外の所も厳重警戒

金曜日正午までの予想雨量(ウェザーマップ)
金曜日正午までの予想雨量(ウェザーマップ)

気象庁から発表された最新の情報によると、予想される雨量は、多い所で、木曜日の朝までに、東海、四国、九州南部500ミリ、近畿、九州北部400ミリなど。

さらに金曜日の朝までに、東海、四国600から800ミリ、近畿400から600ミリなどと予想されています。

コンピュータの計算上は、主に三重県、奈良県、和歌山県、徳島県、高知県の山沿いで総雨量が1000ミリ以上の所があり、最大1300ミリ以上と計算されている所もあります

この1000ミリ超えする所はもちろんですが、その他の所でも200ミリ前後の予想となっている所も多く、土砂災害や河川の氾濫などに厳重な警戒が必要です。

なお土曜日にかけて、北海道など北日本でも雨や風が強まりますので、最新の情報にご注意下さい。