台風3号発生後、西日本から東日本の太平洋側を東進へ。関東も要警戒。

2つの熱帯低気圧の雲の様子(ウェザーマップ)

台風は西日本から東日本の太平洋側を東進か

木曜日から金曜日の予想天気図(ウェザーマップ)
木曜日から金曜日の予想天気図(ウェザーマップ)

タイトル画像にもある通り、現在、沖縄周辺に活発な雨雲を伴った2つの熱帯低気圧が発生しています。

これら2つの熱帯低気圧や梅雨前線の影響で、沖縄本島では大雨となり、土砂災害警戒情報が出されている他、西日本でも所々で雨脚が強まってきています

2つの熱帯低気圧の内、先に北上している北側のものは、九州の西側を通り、日本海で温帯低気圧に変わる見込みです。

一方、南側にある熱帯低気圧は今夜沖縄本島付近を通過した後、奄美地方を北上しながら発達し、あす(木)の朝までに九州の南海上で台風に変わる見通しです。

その後は東寄りに進路を変え、あす夜にかけて西日本の太平洋沿岸を進んだ後、あさって(金)の朝には台風の勢力を維持しつつ、東海から関東の沿岸部を通過する予想です。

九州南部や四国、紀伊半島などは、あす日中から夜にかけて、雨や風が強まりますし、東海や関東はあさって(金)朝の通勤通学の時間帯に雨や風がピークとなる心配があります。

すでに関東甲信地方にも大雨に関する情報が出されています。

西日本の太平洋側はあす(木)夜にかけて警戒

雨や風の予想(ウェザーマップ)
雨や風の予想(ウェザーマップ)

上図はあす(木)午後6時の雨や風の予想です。

ちょうどこの頃、台風が四国に接近しているものとみられ、高知県を中心に雨や風が強まっている予想です。

台風はかなりコンパクトなので、広い範囲での大荒れということはなさそうですが、中心が近づく地方では警戒の度合いを強めて頂きたいと思います。

あす(木)午後6時までに予想される雨量は、いずれも多い所で、四国300ミリ、九州南部250ミリ、沖縄、奄美、中国150ミリ、九州北部、近畿120ミリ、東海100ミリとなっています。

関東はあさって(金)朝の通勤通学の時間帯がピークに

雨や風の予想(ウェザーマップ)
雨や風の予想(ウェザーマップ)

その後、台風は太平洋側に沿って東進する見込みで、上図はあさって(金)午前6時の雨や風の予想です。

台風の中心がちょうど東海から関東の沿岸部にさしかかる頃とみられ、静岡県を中心に、関東南部沿岸部でも雨や風が強まっている予想です。

荒天は長続きするものではありませんが、金曜日朝の通勤通学の時間帯と荒天が重なる可能性がありますので、時間に余裕を持っての行動が必要です。

あす(木)午後6時~あさって(金)午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、東海200から300ミリ、近畿100から200ミリ、四国、中国、関東甲信100から150ミリと予想されています。

大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

きょうは沖縄本島でレベル4(避難勧告)が発表されていますが、今後、西日本から東日本にかけても、気象庁から発表される防災情報はもちろん、自治体から発表される避難情報にも十分に注意をして下さい。