台風25号も発生。台風24号を追いかけるように進む予想。

台風24号と台風25号の雲(ウェザーマップ)

沖縄・奄美通過後は一気に西日本から東日本へ

台風24号の予報円(ウェザーマップ)
台風24号の予報円(ウェザーマップ)

台風の最新情報(気象庁発表)

大型で非常に強い台風24号が沖縄本島に最も接近しています。

きょう午前中に最大瞬間風速50メートル以上の猛烈な風が吹き荒れた沖縄本島地方では、午後から台風の大きな眼に入り、風の弱まった所もありましたが、再び吹き返しの猛烈な風が吹いています。

さらに奄美地方でも猛烈な風が吹き始めており、午後5時までに与論島で48.9メートル、沖永良部島で40.6メートルなどの最大瞬間風速を観測しました。

台風24号は今夜遅くからあす日曜日の未明にかけて、奄美大島に最も接近したあと、九州のすぐ南海上を通り、あすの午後3時には四国のすぐ南海上に達する予想です。

その後どんどん加速し、あすの夕方から夜にかけて、非常に強い勢力で四国あるいは紀伊半島に上陸する可能性が高く、その後はさらに加速し、東日本を突っ切り、月曜日の朝にはもう三陸沖に抜ける見込みです。

台風が直撃する予想の四国や紀伊半島では先日の台風21号と同じような猛烈な風が吹き荒れる恐れがある他、台風の進行方向の右側にあたる首都圏でも、台風の風が強い危険半円に入るため、記録的な暴風が吹き荒れる恐れがあります。

首都圏の大荒れのピークはあす日曜日の夜遅くからあさって月曜日の明け方頃で、朝には台風一過の青空が広がり、吹き返しの風も落ち着いてくるでしょう。

ただ夜中に吹き荒れた猛烈な風や大雨の影響で、月曜日の朝の通勤通学の時間帯は公共交通機関が大きく乱れている可能性があり、要注意です。

今後も猛烈な風や大雨、高波、高潮などに厳重な警戒が必要です。

台風25号も発生。台風24号を追いかけるように進む予想

台風24号と台風25号の予報円(ウェザーマップ)
台風24号と台風25号の予報円(ウェザーマップ)

気象庁の予想通り、きょう午後3時に日本のはるか南東海上のグアム島近海で台風25号が発生しました。

今後発達しながら台風24号を追いかけるように進み、来週の木曜日(10月4日)頃には沖縄の南海上に達する予想です。

太平洋高気圧の状況次第では、今回の台風24号と同じように日本列島に向けて北上してくる可能性があり、もし大きな影響を受けるとすれば、来週の週末にかけてということになるでしょう。

目先は台風24号に厳重な警戒が必要ですが、来週後半は台風25号の動きにも合わせてご注意下さい。