台風24号が直撃へ。台風25号も発生し、あとを追う恐れも?

台風24号と熱帯低気圧の雲(ウェザーマップ)

沖縄・奄美通過後は一気に西日本から東日本へ

台風24号予報円(ウェザーマップ)
台風24号予報円(ウェザーマップ)

最新の台風情報(気象庁)

大型で非常に強い台風24号は沖縄近海を北上しています。

沖縄本島では、きょう午前11時までに、糸数56.2メートル、宮城島52.5メートル、慶良間51.4メートル、那覇50.8メートル、渡嘉敷50.1メートルなどの猛烈な風を観測しました。

糸数と慶良間では2009年からの観測史上1位の値を更新し、宮城島と那覇、渡嘉敷では4年ぶりに50メートル以上の最大瞬間風速を観測しています。

台風24号はきょうの夕方にかけて沖縄本島に、また夜遅くにかけて奄美大島に最も接近する見込みで、今よりももう少し発達し、940hPa程度の勢力で通過する見込みで、最大瞬間風速は65メートルに達する予想です。

そしてあす日曜日の午前9時には上記の勢力を保ったまま九州のすぐ南の海上に進むでしょう。

この頃からどんどん加速し、あす日曜日の夕方から夜には、非常に強い勢力で四国あるいは紀伊半島に上陸する可能性が高く、その後はさらに加速し、東日本を突っ切り、月曜日の朝にはもう三陸沖に抜ける見込みです。

台風が直撃する予想の四国や紀伊半島では先日の台風21号と同じような猛烈な風が吹き荒れる恐れがある他、台風の進行方向の右側にあたる首都圏でも、台風の風が強い危険半円に入るため、記録的な暴風が吹き荒れる恐れがあります。

首都圏の大荒れのピークはあす日曜日の夜遅くからあさって月曜日の明け方頃で、朝には台風一過の青空が広がり、吹き返しの風も落ち着いてくるでしょう。

ただ夜中に吹き荒れた猛烈な風や大雨の影響で、月曜日の朝の通勤通学の時間帯は公共交通機関が大きく乱れている可能性があり、要注意です。

今後も猛烈な風や大雨、高波、高潮などに厳重な警戒が必要です。

台風25号が発生し、台風24号のあとを追う?

台風24号と熱帯低気圧b(気象庁HPより)
台風24号と熱帯低気圧b(気象庁HPより)

台風24号が日本列島を直撃するというタイミングですが、タイトル画像にもあるとおり、日本のはるか南東の海上(グアム島付近)で、早くも熱帯低気圧(b)が発生しており、今後24時間以内に台風に発達するという予想が気象庁から発表されています。

発生すれば台風25号ということになりますが、周辺の太平洋高気圧の状況などから台風24号を追いかけるように進んでくる可能性があり、発生したあとの進路予想には注意が必要です。

もし日本列島に影響があるとすれば来週の後半以降となりそうです。

合同台風警報センター(JTWC)の予想では?

JTWCのサイトより
JTWCのサイトより

参考までに米軍の合同台風警報センター(JTWC)の予想では、台風24号を追いかけるように発達しながら北西方向へ進み、来週の木曜日頃(10月4日)には沖縄の南の海上へ進む予想です。

この頃には非常に強い台風クラスに発達している予想で、太平洋高気圧の状況次第では、このあと台風24号と同じように列島に向かってくることも考えられます。

来週後半はこちらの台風に警戒が必要となるかもしれません。