猛烈台風21号、火曜日の日中にも強い勢力で上陸か?

台風21号と秋雨前線の雲(ウェザーマップ)

早ければ火曜日の日中にも上陸する恐れ

台風21号予報円(ウェザーマップ)
台風21号予報円(ウェザーマップ)

最新の台風情報(気象庁発表)

タイトル画像にもある通り、台風21号は明瞭な鋭い眼を伴っており、きょう午前9時の発表でも中心気圧915hPaの猛烈な台風と解析されています。

1977年以降、猛烈な台風となったのは今回の台風21号で90個目となりますが、そのほとんどが猛烈な勢力を維持していた期間はわずか1日から2日程度となっています。

今回の台風21号も猛烈な勢力となってからすでに丸1日経過したことになり、おそらく今がちょうどこの台風の一番の最盛期と考えられます。

あす以降は徐々にではありますが、勢力を弱めながら北上するものと思われます。

ただ勢力を弱めるといっても、台風としては最も強力な猛烈な勢力となっているわけですから、一つランクダウンした非常に強い勢力を維持しながら北上してくる見込みです。

台風21号が最新の予報円の真ん中を予想通りに進んでくると、火曜日の午前9時には四国、あるいは紀伊半島のすぐ南150キロ程度の所に到達する予想です。

この時点では中心気圧945hPaとなりますが、まだ非常に強い勢力を維持している予想で、この時点の最大瞬間風速は60メートルとなっています。

さらに北へ時速25キロと少しずつ加速し始める予想で、予想通りならば、火曜日の午後3時頃には四国から紀伊半島付近に台風の中心が到達している計算です。

ただ予報円が東海~九州にかかっているように、速度が速まれば火曜日の午前中にも上陸してしまう可能性も考えられます。

また東寄りに進めば、まだ東海沖~関東方向へ進んでくる可能性も残っていると言えるでしょう。

上陸する地点の西側に入るか、東側に入るかで、雨の降り方や風の吹き方がかなり変わる可能性があり、今回も通過していく東側ではより荒天の度合いがひどくなる恐れがありますので、更なる警戒が必要となるでしょう。

今後も最新の台風情報で確認するようにして下さい。

自動車並みの速度で一気に北日本へ

台風21号予報円(ウェザーマップ)
台風21号予報円(ウェザーマップ)

台風は本土にさしかかる頃から上空の偏西風に乗り、一気に自動車並みの速度に加速しながら北日本方面へ駆け抜けていく予想です。

ただ速度を上げるタイミング次第では、北日本付近を通過する時間帯が大きく異なるため、水曜日(5日)の予報円は直径が1300キロと非常に大きなものとなっています。

接近が遅くなることよりも早くなるものと考えて、早めの台風対策を行うことが重要です。

平成30年7月豪雨による大雨被害に対して、緊急災害支援募金(Yahoo!基金)を行っていますので、ご協力をお願いいたします。