ダブル台風(2個の台風)発生、今後の進路は?

台風15号と台風16号が同時に発生

二つの台風が同時に発生(気象庁HPより、加筆了承済み)
二つの台風が同時に発生(気象庁HPより、加筆了承済み)

きょう(15日)午前3時に、マリアナ諸島で台風15号、そしてウェーク島近海で台風16号が相次いで発生しました。二つの台風は同時に発生したのですが、先に熱帯低気圧として解析されていた西側にあるものが台風15号として発表されています。

ダブル台風の今後の進路は?

最新の台風情報はこちら(気象庁HP)

台風15号の進路図(15日午前3時現在)
台風15号の進路図(15日午前3時現在)

台風15号は今後急速に発達しながら、あすからあさってにかけて(日曜日~月曜日)サイパン島付近を通過する見込みです。

その後も西寄りに進み、来週の木曜日頃には沖縄の南海上に達する予想で、この時点での予報円の直径は約1400キロと非常に大きくなっていますが、仮に北よりのコースを早めに進むと沖縄に接近している可能性も考えられます。

その後の進路によっては、来週の週末にかけて、沖縄や九州などに大きな影響を与えるおそれもあります。

台風16号の進路図(15日午前3時現在)
台風16号の進路図(15日午前3時現在)

一方、台風16号も急速に発達する予想ですが、こちらは動きが遅く、来週の木曜日でもまだ日本のはるか南東海上、小笠原の父島からもかなり離れている予想です。

ただ、その後、来週の週末~再来週の前半(8月24日~26日頃)にかけて、日本付近に近付いてくる計算もあり、油断は出来ません。

以上のように、最悪な場合は、来週の週末~再来週にかけて、二つの台風の影響を大きく受ける可能性もありますので、今後の進路に注意が必要です。