アーカンソー大学のスター選手として鳴らした 身長2メートル8センチのPF、ジェイリン・ウィリアムズが、NBAドラフト全体34位でオクラホマシティー・サンダーからコールされた。

 この瞬間、ベトナムにルーツを持つ、初のNBA選手が産声を上げた。

 「まだ、始まりに過ぎないよ」

 NCAAディビジョン1で活躍したウィリアムズは周囲にそう告げた。

 ウィリアムズは、2002年6月29日生まれの19歳。ベトナム系のアメリカ人で、アーカンソー州で育った。

オクラホマの先輩選手が愛用するチームカラーのバスケットシューズ
オクラホマの先輩選手が愛用するチームカラーのバスケットシューズ写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ

 今季のドラフトでは、アジア系の選手がもう少し呼ばれるのでは…と噂されていた。同じベトナム系でUCLAのSGジョニー・ズザング、オーストラリアでプロとしてプレーするフィリピン人選手、カイ・ソット、1984年のロス五輪女子バスケットボールで銀メダルを得た母を持つ、大韓民国のサラブレッド、ヒョンジュン・リーなど。

 しかしながら、実際に名前を呼ばれたのはウィリアムズのみであった。

 背番号はドラフトの順位と同じ34に決まったようだ。2シーズン在籍したアーカンソー大学を離れ、オクラホマに移り住む。

 昨シーズン、大学では37試合に出場し、平均得点が10.9、リバウンドが9.8、アシストは2.6。シュートの成功率は46.1パーセントで、15回のWダブルをマークした。

 プロの世界におけるウィリアムズの活躍を祈る。今尚、不毛な戦争だったとベトナム戦争を嘆く米国人、ベトナム人は数知れない。ウィリアムズよ、バスケットを通じ、現代社会の星となれ!