16シーズン所属したサンアントニオ・スパーズで、4度NBAチャンピオンとなったマヌ・ジノビリ(44)。NBAの長い歴史の中でも、指折りのインターナショナル・プレイヤーである。アルゼンチンでは、同国が生んだ最高のバスケットボーラーと称される。

写真:ロイター/アフロ

 そのジノビリが引退から3年を経て、今季からスパーズのスペシャル・アドバイザーに就任した。コート内外で後輩たちを支えていくという。去る9月24日にスパーズがアナウンスした。

写真:ロイター/アフロ

  1999年に2巡目57位として指名されながらも、NBA入りしたのは2002年。以来、スパーズ一筋でプレーしたシューティング・ガードは、アスリートとしてのみならず、異国に生きる外国人としての経験も若手に伝えるに違いない。

写真:ロイター/アフロ

 スパーズは1999年、2003年、2005年、2007年、2014年とVを飾った名門だが、ここ2シーズン、プレイオフを逃している。今日、NBAを代表するスーパースターが、サンアントニオにはいない。時間を掛けて、若手を育成する時期なのかもしれない。

写真:ロイター/アフロ

 サンアントニオでジノビリの背番号だった20は、永久欠番となっている。新シーズンが始まって、目下スパーズは1勝2敗。ジノビリは、勝者のメンタルをいかに伝えていくか。