WBA/WBC統一スーパーバンタム級戦で、ルイス・ネリがKO負け。ブランドン・フィゲロアが2冠王者に

Photo:Esther Lin/SHOWTIME

 第7ラウンド2分4秒、WBAスーパーバンタム級チャンピオン、ブランドン・フィゲロア(24)の左アッパーが、WBC同級王者、ルイス・ネリ(26)の右腹を抉る。

Photo:Esther Lin/SHOWTIME
Photo:Esther Lin/SHOWTIME

 ネリは身体を2つに折り、蹲るようにダウン。そのままカウントアウトされた。ノックアウトタイムは2分18秒。

 2階級を制したネリであったが、32戦目で初黒星を喫した。

 本コーナーで何度か取り上げたが、禁止薬物を使用したり、体重オーバーを繰り返す輩が脚光を浴びるのは、ボクシング界の為にならない。

https://news.yahoo.co.jp/byline/soichihayashisr/20191123-00152077/

Photo:Sean Michael Ham/TGB Promotions
Photo:Sean Michael Ham/TGB Promotions

 試合前、フィゲロアは「ネリよりも身長で7センチ、リーチで14センチ上回っている体型的な利点を活かす。ネリに122パウンドの怖さを教えてやる」と語っていたが、序盤はネリの乱打戦に巻き込まれ、ペースを掴めなかった。

 しかし、スイッチを繰り返しながら、ネリの得意とする接近戦に付き合うことで活路を見出していく。本人の言葉通り、パワーの差がアドバンテージとなった。 

Photo:Esther Lin/SHOWTIME
Photo:Esther Lin/SHOWTIME

 頭をつけ合ってパンチを交換しながら、フィゲロアは再三ボディを狙う。第7ラウンドだけで、少なくとも5発のボディブローを放ち、WBC王者にダメージを与えていた。特に1分47秒の左ボディは、ネリの動きを止めた。

22戦(17KO)無敗1分けとなったフィゲロア  Photo:Sean Michael Ham/TGB Promotions
22戦(17KO)無敗1分けとなったフィゲロア  Photo:Sean Michael Ham/TGB Promotions

 試合後、2冠王者となったフィゲロアは言った。

 「プレッシャーを掛け続け、ネリのボクシングを壊す作戦でした。実際、そうなりましたね。ネリは疲労し、息遣いが荒くなっていました。そこで倒しにいくプランだったんです。

 最高の気分ですよ。夢が叶いました。僕の不利を予想した人もいたようですが、結果を出せました。己の能力を証明出来ましたね。この試合に向け、ハードに自分を追い込んで良かったです。これでWBOチャンプのステファン・フルトン戦が実現します。彼とはずっと戦いたかったので、楽しみです。もちろん、勝ちますよ」

WBO王者のフルトンは19戦全勝8KO  Photo:Esther Lin/SHOWTIME
WBO王者のフルトンは19戦全勝8KO  Photo:Esther Lin/SHOWTIME

 リングサイドで今夜のファイトを見守ったステファン・フルトンも話した。

 「ブランドン・フィゲロアは素晴らしかった。俺が予想したままの結末になったよ。こちらも彼と戦うことを、ずっと望んでいた。次は俺との試合だ。今は、俺の時代だ。それを示してやるよ」

 WBA/WBC/WBO統一スーパーバンタム級タイトルマッチは、9月11日に予定されている。同ファイトも目が離せない。