チャーロ兄弟の世界戦ダブルヘッダー、間もなくゴング

Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME

 WBCミドル級チャンピオン、ジャモール・チャーロvs.セルゲイ・デレフヤンチェンコ。WBCスーパーウエルター級王者ジャーメル・チャーロvs.WBA/IBF同級チャンピオン、ジェイソン・ロサリオとの統一戦まで、残すところ数時間となった。

 コロナ禍により、足踏み状態を余儀なくされているボクシング界において、久しぶりのビッグイベントである。

Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME
Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME

 前日軽量で、WBCミドル級チャンピオン、ジャモールは159.75パウンド。

Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME
Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME

 挑戦者のセルゲイ・デレフヤンチェンコは159.5パウンドでパスした。

Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME
Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME

 双子の兄であるジャモールは「俺より、弟の方がセンスは上だ」とジャーメルを気遣う。

Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME
Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME

 WBCスーパーウエルター級のベルトを巻く双子の弟、ジャーメルは153.75パウンド。

Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME
Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME

 WBA/IBF同級王者のジェイソン・ロサリオは、153.5パウンドで無事に計量を終えた。

Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME
Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME

 チャーロ兄弟は「今回の興行は、ボクシング界のスーパーボウルだ!」と豪語する。確かに、新型コロナウィルスの影響で、思うように試合が組めない昨今のボクシング界において、否でも応でも注目を集める一日となる。

 今回の前日計量は、試合を放送するSHOWTIMEが、YouTubeでライブ中継した。写真を見ればお分かり頂けるように、それぞれのファイターが特別な足袋を履き、対戦相手やコミッショナー、スタッフ、各団体の立会人、カメラマンらと距離を取って秤に乗った。恒例である向かい合っての撮影も、ファイター同士を離して行われた。

Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME
Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME

 SHOWTIMEは、チャーロ兄弟を軸とした演出を続けており、現時点までデレフヤンチェンコとロサリオには、<脇役>が宛がわれている。ウクライナ人であるデレフヤンチェンコと、ドミニカ人であるロサリオにとって、今日のリングは"敵地"だ。

 が、勝負の行方はゴングが鳴ってみないと分からない。ボクシングファンを熱狂させる好ファイトを期待したい。