ついに決戦当日。WBCヘビー級タイトルマッチ、数時間後にゴング

どちらが黒星を喫しても、キャリア初の敗北となる(写真:ロイター/アフロ)

 WBCヘビー級タイトルマッチ、デオンテイ・ワイルダーとタイソン・フューリーによる15カ月ぶりの再戦が、ついに今日行われる。

Photo:Ryan Hafey/Premier Boxing Champions
Photo:Ryan Hafey/Premier Boxing Champions

 ヘビー級史上、最強のパンチャーとも評されるワイルダーだが、空振りが多いのも事実であるhttps://news.yahoo.co.jp/byline/soichihayashisr/20200220-00163766/

Photo:Ryan Hafey/Premier Boxing Champions
Photo:Ryan Hafey/Premier Boxing Champions

 かつて、そのパンチ力で対戦相手を震え上がらせ、KOの山を築いた元統一ヘビー級王者、マイク・タイソンは「願いを込めて、フューリーの勝利を予想する。ナチュラルな動きをするし、見た目よりも潜在能力が高い。ベストなフューリーを見せれば、自分自身を証明できるだろう」と語る。

 カネロ・アルバレスも「最後の瞬間までパーフェクトな試合運びができれば、フューリーが勝利するだろう」とコメント。

Photo:Ryan Hafey / Premier Boxing Champions
Photo:Ryan Hafey / Premier Boxing Champions

 ヘビー級他団体のベルト全てを持つアンソニー・ジョシュアは、特に理由は明かさずに「フューリーが勝つよ」と話した。

Photo:Ryan Hafey/Premier Boxing Champions
Photo:Ryan Hafey/Premier Boxing Champions

 一方、5階級制覇王者のトーマス・ハーンズは「パワーとKOは別物。アウトボクシングをしてワイルダーが勝つだろう。第1戦のように判定まで縺れるだろうよ」と発言。自身のトレーナーだったエマニュエル・スチュワードの甥っ子がフューリーを指導しているとしても、ハーンズの中でワイルダー有利は動かないかhttps://news.yahoo.co.jp/byline/soichihayashisr/20200208-00159913/

Photo:Ryan Hafey/Premier Boxing Champions
Photo:Ryan Hafey/Premier Boxing Champions

 マニー・パッキャオも言う。「10ラウンドでワイルダーがKO勝ちするよ。マイク・タイソンみたいなハードパンチャーだからね」

 ライトフライ級で一時代を築いたマイケル・カルバハルも「ワイルダーは前回より仕上げて来る筈。最終ラウンドまで長引かせずにKOで防衛するだろうな」と予見。

 とはいえ、あくまでも外野の発言である。これだけ注目を集めるヘビー級の世界タイトル戦だ。ボクシング史に残る好ファイトを期待したい。