アップル、iPhoneに「iOS 11.4」配信。クラッシュする「Black Dot」バグを修正

メッセージアプリがクラッシュする「Black Dot」バグ。筆者キャプチャ

 本日5月30日(火)、アップルがiPhoneやiPad向けに最新OS『iOS 11.4』の配信を開始しました。

 『iOS 11.4』では、メッセージアプリの会話内容や写真などのデータをクラウドサービス『iCloud』に保管できるようになります。

 また、音楽や動画などを対応デバイスにストリーミング配信できる「AirPlay 2」や、Appleのスマートスピーカー『HomePod』のサウンド調整ができる「HomePodステレオペア」などの機能も追加されています。

特定の文字列表示でクラッシュする「Black Dot」バグを修正

 『iOS 11.4』では、特定の文字列を表示するとフリーズしたりクラッシュしたりする「Black Dot」バグの修正も行われています。

 このバグによる大きな被害は確認できていませんが、一度被害にあうとクラッシュしない状態に戻すまでには知識が必要なため、今回の『iOS 11.4』で修正されたのはユーザーにとって嬉しいことです。

 そのほか大きなものとしてはメッセージアプリで一部の会話の順序がバラバラになるバグ、ホーム画面でアプリアイコンが正しくない位置に表示されてしまうバグが修正されています。

iOS 11.4の更新内容

AirPlay 2

  • 家全体のホームオーディオシステムおよびAirPlay 2に対応したスピーカーを操作可能
  • 家にある複数のAirPlay 2に対応したスピーカーと同期して音楽を同時に再生可能
  • コントロールセンター、ロック画面、またはiPhone/iPad上のApp内のAirPlayコントロールからAirPlay 2に対応したスピーカーを操作可能
  • iPhone、iPad、HomePod、またはApple TVからSiriを使ってAirPlay 2に対応したスピーカーを音声で操作可能
  • AirPlay 2に対応したスピーカーでの再生を妨げることなく、iPhoneまたはiPadで電話に出たりゲームをすることが可能

HomePodステレオペア

  • iPhoneまたはiPadを使用してHomePodのステレオペアを設定することに対応
  • HomePodステレオペアは自動的に部屋の設置場所を検知しサウンドを場所に応じて自動調整
  • 先進のビームフォーミング機能により、既存のステレオペアよりもさらに臨場感のある音響ステージを提供
  • HomePodはステレオペアに対応するように自動的にアップデート(“ホーム” Appで自動アップデートが無効にされていない限り)

iCloudにメッセージを保管

  • メッセージ、写真、およびその他の添付ファイルをiCloudに保管し、デバイスの空き容量を増やすことが可能
  • 新規デバイスに同じiMessageアカウントでサインインすれば今までのメッセージを新規デバイスですべて見ることが可能
  • メッセージやチャットを削除すると、どのデバイスからも同時に削除
  • この機能をオンにするには、iCloud設定で“メッセージ”を有効にします(“設定”>[あなたの名前]>iCloud)
  • 今までと同じように、チャットはエンドツーエンドで暗号化

その他の改善および修正

  • 教師が“スクールワーク” Appを使用して生徒にiBooksで読書アクティビティを割り当てることが可能
  • 特定の文字列が“メッセージ”をクラッシュさせる問題を修正
  • “メッセージ”で一部のメッセージの順序がばらばらに表示される問題に対処
  • Google Drive、Googleドキュメント、およびGmailにSafariからログイン/アクセスができない問題に対応
  • “ヘルスケア”でデータが同期できない問題を修正
  • ヘルスケアデータにアクセス可能なAppを変更できない問題を修正
  • ホーム画面でAppが正しくない位置に表示される問題を解決
  • CarPlayオーディオの音が歪む問題を修正
  • iPhoneからBluetooth経由で再生しているとき、または車でUSBに接続しているときに、音楽を選択できない問題を修正
出典:https://support.apple.com/kb/HT201222