相模原障害者19人殺害事件の深刻さと報道をめぐる2つの問題点

津久井やまゆり園正門前の献花台

7月26日未明に起きた相模原市「津久井やまゆり園」の障害者19人が殺害された事件は本当に深刻だ。殺害された人数が多いというだけでなく、障害者を狙った大量殺人であり、容疑者自身も精神疾患があるのかどうかが問題になっているという、二重三重の意味で深刻な事件だ。ヘイトクライムという点ではアメリカでのゲイ襲撃事件とも通底する、ある種の排外主義が蔓延しつつある風潮とも関わっているように見える。

8月3日、殺害現場となった「津久井やまゆり園」を訪れた。大変交通の便が悪いところだが、事件から1週間以上経っているのにまだ献花に訪れる人がたくさんいる。この事件がいかに多くの人に衝撃を与えたかを示すものだろう。

障害者に関わる事件が起きた時に、以前は私は真先に弁護士の副島洋明さんに話を聞きに行っていた。副島弁護士は残念ながら2014年に他界してしまったのだが、浅草レッサーパンダ事件や池袋通り魔殺傷事件など障害者に関わるいろいろな事件の弁護人を務めた人だ。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/shinodahiroyuki/20141013-00039932/

その副島弁護士が、障害者の問題に関わる事件報道についていつも批判していたことがある。ほとんどのマスコミが、障害者の問題に無理解であるか、あるいはある程度知っていたとしても差別問題の難しさから腰が引けてしまうかいずれかだというのだ。確かにかつて障害者団体などによるマスコミへの糾弾が行われた時代もあって、その問題に触れること自体がタブーになっていた感があった。

私自身も、障害者に関わる事件の報道で疑問を感じたことはいくらでもある。例えば2014年に図書館所蔵の『アンネの日記』が次々と破損される事件があって、当初は人種差別的思想による犯罪かと大報道が展開されたのに、逮捕された容疑者に精神疾患との関わりがあったとわかるや報道そのものが一切なくなってしまった(逮捕された人は不起訴となった)。

もちろん難しい問題であるから配慮するのは当然だが、報道そのものをなくしてしまうという対応の仕方が本当に正しいのかと疑問を感じたものだ。今回の事件は犯行態様を見ても刑事責任能力がないということにはならないと思うのだが、植松容疑者は衆院議長あてに届けた文書で、心神喪失で釈放されるといったことに言及している。

2月の植松容疑者の措置入院に際して妄想性障害といった診断もなされていたようだが、その妄想や犯行が精神疾患に関わるものなのか、あるいはそうでなくある種の危険思想と考えるべきなのかは、今後大きな争点となるに違いない。私は連続幼女殺害事件の宮崎勤死刑囚(既に執行)と12年間、関わった経験から思うのだが、そこをどう考えるかは本当に難しい。

植松容疑者の行動は一定の整合性があるから、異常な犯行は精神疾患に基づくものでないという見方は多いだろうが、例えば衆院議長にあの訴えをしてそれが受け入れられる可能性があると本気で思い込んでいたとしたら、やはりこれは異常ではないかという気もする。宮崎死刑囚もひとつひとつの行動には整合性があるのだが、その行動のもとになっている全体を考えるとやはり異常としか思えない、というのが特徴だった。ちなみに宮崎死刑囚の場合は、精神鑑定の見立てが幾つにも分裂したのだが、裁判所はその中で「責任能力あり」という見立てを採用して死刑を宣告したのだった。

さて、そういう議論は今後、捜査の進展とともになされるのだろうが、総力取材を展開しているマスコミに提案したいのは、なるべく精神医療や障害者の問題に関わっている人たちの意見に市民がアクセスできるよう報道のしかたを工夫していただきたいということだ。インターネットという武器ができたことで、新聞やテレビの報道関係者だけが全ての情報をハンドリングしていた時代は終わったといえる。今回のような深刻な事件では、様々な知見を持った様々な立場の人が議論に参加できるようになされるべきだ。

この間、私も新聞・テレビはもちろん、ネットでもいろいろな情報を得ているが、例えば「立命館大生存学研究センター」のサイトなど実に役に立つすごいものだ。

http://www.arsvi.com/2010/20160726.htm

元朝日新聞科学部の大熊由紀子さんのサイトでも「メディアの部屋」の「メディアと障害」という項目など参考になる。

http://www.yuki-enishi.com/

その大熊さんが紹介しているが、昨年NHKで放送されたETV特集「それはホロコーストの“リハーサル”だった」という番組が何ともすごい。ドイツのナチ政権がユダヤ人大虐殺の前に障害者を虐殺していた事実を追ったドキュメンタリーなのだが、植松容疑者が2月に「ナチスの思想が降りてきた」と語ったというのはこの動画を見たのではないかと思うくらい戦慄すべき内容だ。今回の事件を考えるうえで参考になるので、NHKはぜひその動画をオンデマンドで見られるようにしてほしい。

http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/20/2259520/

そのNHKプロデューサー熊田香代子さんが、大熊さんたちが主催するイベントで報告するために書いた下記の文章も参考になる。

http://www.yuki-enishi.com/enishi/enishi-2016-02.pdf

さて、その他にも今回の事件に関して参考になる見解や情報はいろいろあるが、長くなるので、このブログの見出しに書いた「議論すべき2つの問題」の中身を書いておこう。

今回の当初の報道で一番気にかかり議論になっているのは、植松容疑者の2月の措置入院をめぐってだ。既にその時点で犯行を予告していたから、打つ手はなかったのかと考えるのは当然で、警察なりが何ら有効な措置を講じていないのが不思議なほどだ。いったいどうすれば犯行を防げたのか、責任追及を含めてしっかりと検証すべきだと思う。

ただ、そこから短絡的に、なぜ医者は容疑者を退院させたのか、措置入院をもっと長くできるように変えられないかという声が一気に拡大している。これはどう考えても話の混同で、これについては多くの人が懸念を表明しているからぜひご覧になってほしい。

そもそも措置入院をもっとやれというのは、障害の可能性のある者を隔離せよということで、今回の事件で被害にあった障害者の人たちに思いをはせるというのと逆なのだが、ここはぜひマスコミが丁寧に報道してほしい。

なかには今回の事件だけでなく、附属池田小事件の宅間守死刑囚(既に執行)も措置入院が短期に終わってその後犯行を起こしたという例を挙げる人もいるが、宅間死刑囚の場合は、その措置入院と犯行までに2年くらいの間がある。危ない人は何年も措置入院させて隔離しろというのは無茶苦茶というべきだろう。これは性犯罪が起こるたびに、一度性犯罪を犯した者にはGPSをつけろとか、出所しても個人情報をさらせとかいう短絡した意見が感情的に噴出するのと似た現象だ。

措置入院というので思いだすのは、元オセロの中島知子さんの「洗脳」騒動だ。彼女の家族と事務所、それに芸能マスコミがこぞって彼女が「洗脳」されているというキャンペーンを展開し、2013年に彼女は強制入院させられるのだが、今から振り返ればこの「洗脳」騒動は誤報だったとしか思えない。内側から鍵があけられない精神病院の病室に強制的に入院させられるという措置が、チェック機能が十分でないまま恣意的に行使されるというのは恐ろしいことだ。

現在の「措置入院をもっと」キャンペーンは非常に危ういし、そもそも医療行為を、危険人物を隔離する目的に使おうという発想そのものがおかしいというほかない。しかし、今回の事件当初、措置入院は人権上問題があるなどと発言しようものなら、「現実を見ようとしない人権派」といった非難にさらされる空気が一時支配的だった。このあたりはマスコミ報道も十分考えて、措置入院とはどういうものなのかきちんと説明してほしい。

もうひとつ議論すべき問題は、今回の事件の被害者の名前が警察の発表時点で匿名になっていることだ。確かに被害者の家族には名前を出してほしくないと言っている人もいるだろうから単純化は禁物だが、報道にあたってどうすべきか判断する以前に警察の発表段階で匿名というのは、かなり問題だと思われる。この問題については、ほかならぬ障害者に関わる団体が、被害者の匿名報道に疑問を呈している現実もある。つまりこういう特別な扱いをすることも障害者への差別ではないかという意見だ。

警察が実名を公表しないことにマスコミが憤るというのは映画「64-ロクヨン-」でも描かれていたが、今回のような凄惨な事件で、しかも被害者が障害者という難しいケースだけにきちんと議論すべきだと思う。

以上、2つの問題について簡単に提示した。それぞれについていろいろな意見を細かく紹介したほうがよいとは思うのだが、長くなるので割愛する。捜査が進み、事件の全貌が明らかになってくると、さらにいろいろな問題が提起されていくと思う。前述したように新聞・テレビの記者だけでなく、専門家や障害者問題に関わっている人たちをまじえた活発な議論がなされてほしい。

追伸ーーこのブログは最初、8月2日に書いて一度公開したものに加筆したものだが、私のところへいろいろな情報や意見が届いた。6日(土)に追悼集会も企画されているらしいから、そのアクセス先を紹介しておこう。

プロジェクト19-相模原メモリアル ~Project 19

https://www.facebook.com/Project19.Sagamihara.Memorial/