トルコは、軍事ドローンの開発技術が世界的にも進んでいる。エルドアン大統領も積極的に多くの周辺諸国にトルコ製の軍事ドローンを売り込んでおり、輸出している。多くの紛争でトルコの軍事企業が開発した攻撃ドローンが使用されている。アゼルバイジャンやウクライナ、カタールにも提供している。2020年に勃発したアゼルバイジャンとアルメニアの係争地ナゴルノ・カラバフをめぐる軍事衝突でも、トルコの攻撃ドローンが紛争に活用されてアゼルバイジャンが優位に立つことに貢献した。

また2020年3月にリビアでの戦闘で、トルコ製の攻撃ドローンKargu-2が兵士を追跡して攻撃を行った可能性があると、国連の安全保障理事会の専門家パネルが2021年3月に報告書を発表していた。兵士が死亡したかどうかは明らかにされていない。攻撃ドローンのオペレーションは人間の軍人が遠隔地で操作をして行うので、攻撃には人間の判断が入る。攻撃に際して人間の判断が入らないでAI(人工知能)を搭載した兵器自身が標的を判断して攻撃を行うものは自律型殺傷兵器(Lethal Autonomous Weapon Systems:LAWS)と呼ばれている。実際の紛争で自律型殺傷兵器で攻撃を行ったのは初めてのケースであると英国のメディアのインディペンデントは報じていた。トルコの軍事企業バイカル社はロシアと緊張関係にあるウクライナに同社が開発した軍事ドローン「バイラクタルTB2」を提供しロシア軍の侵攻阻止にも大きく貢献しており、ウクライナ人にも人気がある。「バイラクタル TB2」はウクライナだけでなくポーランド、ラトビア、アルバニア、アゼルバイジャン、カタール、アフリカ諸国にも提供している。トルコの軍事企業は攻撃ドローンの開発だけでなく、ドローン迎撃システムの開発にも注力して、攻撃から防衛まで幅広くカバーしている。

攻撃ドローンは「Kamikaze Drone(神風ドローン)」、「Suicide Drone(自爆型ドローン)」、「Kamikaze Strike(神風ストライク)」とも呼ばれており、標的を認識すると標的にドローンが突っ込んでいき、標的を爆破し殺傷力もある。日本人にとってはこのような攻撃型ドローンが「神風」を名乗るのに嫌悪感を覚える人もいるだろうが「神風ドローン」は欧米や中東では一般名詞としてメディアでも軍事企業でも一般的によく使われている。

ジャミングでの"ソフトキル"からレーザービームの"ハードキル"まであらゆるタイプのドローンを迎撃

そのようなトルコの軍事ドローンの強化に懸念を示しているのが隣国で、トルコとは歴史的にも長年の敵国であるギリシャである。トルコはギリシャ北部との国境付近で軍事ドローン「バイラクタルTB2」の飛行試験を行っていた。トルコの軍事ドローンのプレゼンスがギリシャ国境付近でも高まってきた状況を踏まえて、ギリシャ側も対策としてフランスから購入した戦闘機を配置している。

攻撃ドローンの大群が上空から地上に突っ込んできて攻撃をしてくることは大きな脅威であり、標的である敵陣に与える心理的影響と破壊力も甚大である。ドローンはコストも高くないので、大国でなくとも購入が可能であり、攻撃側は人間の軍人が傷つくリスクは低減されるので有益である。人間の軍人が乗って操縦する戦闘機よりも無人の攻撃ドローンの方が優位だ。低価格で味方の軍人(パイロット)が傷つくこともなく、たとえ敵に撃墜されても、別の攻撃ドローンで何回でも襲撃すれば良い。戦闘機のようにガソリン代もメンテナンス費用もかからない。それでも破壊力は強く殺傷力がある。監視ドローンだけでなく軍事ドローンを大量に保有するトルコの方がギリシャよりも優位だ。そしてそのトルコがギリシャ国境付近でドローンを用いた軍事演習することはギリシャにとって大きな脅威だ。

そしてギリシャはイスラエルの軍事企業ラファエル社が開発した迎撃ドローンシステム「ドローンドーム(Drone Dome)」の導入を検討していると地元のメディアが報じていた。「ドローンドーム」は電波を妨害(ジャミング)してドローンの機能を停止させる、いわゆる"ソフトキル(soft kill)"と、レーザービームで上空のドローンを爆破させる、いわゆる"ハードキル(hard kill)"がある。監視ドローンのような小型ドローンはジャミングで機能停止を行い、攻撃ドローンのような大型ドローンはレーザービームで破壊することができるので、どのようなタイプのドローンも迎撃できる。設置も簡単で陸上だけでなく船上などあらゆる場所でドローンを迎撃できる。

▼ラファエル社の「ドローンドーム」