茂みの中の基地にロシア兵が入るのを確認してドローンで爆弾投下

2022年2月にロシア軍がウクライナに侵攻。ロシア軍によるウクライナへの攻撃やウクライナ軍によるロシア軍侵攻阻止のために、攻撃用の軍事ドローンが多く活用されている。また民生用ドローンも監視・偵察のために両軍によって多く使用されている。

攻撃用の軍事ドローンではウクライナ軍が使っているトルコ製のドローン「バイラクタルTB2」でのロシア軍への攻撃が目立っている。特に「バイラクタルTB2」は中型攻撃ドローンで爆弾を上空から落として攻撃するので破壊力もあり、ロシア軍へのダメージも大きくロシア軍の装甲車を上空から破壊して侵攻を阻止することにも成功したり、黒海にいたロシア海軍の巡視船2隻をスネーク島付近で爆破したり、ロシア軍の弾薬貯蔵庫を爆破したり、ロシア軍のヘリコプター「Mi-8」を爆破したりとインパクトも大きい。そのため「バイラクタルTB2」で攻撃が成功するとウクライナ軍が動画や写真をSNSで世界中にアピールしているので目立っている。

ウクライナ軍では「バイラクタルTB2」だけでなく、ウクライナで開発した軍事ドローン「PD-1」また米国バイデン政権が提供した米国エアロバイロンメント社が開発している攻撃ドローン「スイッチブレード」でロシア軍の装甲車や弾薬庫などを上空から破壊している。またロシア軍もロシア製の攻撃ドローン「KUB-BLA」でウクライナへ攻撃を行っている。

そしてウクライナ軍では小型でどこにでも手に入りそうな民生品ドローンに手榴弾や小型爆弾を搭載して、上空からロシア軍を見つけると手榴弾や小型爆弾を投下して攻撃を行っている。

爆弾投下シーンの動画も公開している。爆弾が投下されてトラックが破壊されたり、茂みのロシア軍の基地を爆破している。そして爆弾が投下されて逃げ惑うロシア兵の様子も映っている。またロシア兵2名が茂みの中のロシア軍の基地に入っていったことを上空から確認して爆弾投下している動画も公開している。

小型のドローンに爆弾を搭載して投下しているので「バイラクタルTB2」のような大規模な攻撃はできないが、上空からの爆弾投下でもロシア軍の兵士を殺傷することはできる。小型爆弾や手榴弾では敵軍の兵士を殺害することは難しいかもしれない。だが、手足が吹っ飛ぶような大怪我をする方が手当や介護などで軍にとっては大きな負担になる。

爆弾を上空から落としたり、ドローンごと標的に突っ込んでいき爆破させたりする攻撃ドローンだけでなく、このような小型の民生品ドローンでも簡単に上空から攻撃ができる。ウクライナでは民生用ドローンも監視・偵察のために多く使用されている。ウクライナ市民らは軍に自身が持っているドローンを提供している。世界中からもウクライナ支援でドローンが送られている。日本の防衛省もウクライナ軍に市販品の監視・偵察用ドローンを提供することを岸防衛大臣が明らかにしていた。

上空からどのようなドローンであっても攻撃できることから攻撃ドローンと監視・偵察ドローンの境界線もなくなってきている。このようにドローンは非常に脅威なので検知したらすぐに迎撃して破壊しておかなければならない。

▼ロシア兵が逃げ惑う様子が上空からもはっきりとわかる

▼ロシア兵2名が茂みの中の基地に入っていったことを上空から確認して爆弾投下