Google、イスラエルのテルアビブ大学と提携して「社会の利益のためのAI」研究

(写真:アフロ)

「社会学や人文科学とAI技術の懸け橋になるような研究を行っていきたい」

Googleはイスラエルのテルアビブ大学のAI・データサイエンスセンターと連携して、3年間のAI技術の研究と社会、経済、環境分野などでの10のプログラムで実証実験を行っていくことを2021年3月に発表した。

今回テルアビブ大学とGoogleは「社会の利益のためのAI(AI for Social Good)」をテーマに掲げて研究プロジェクトを行っていく。Googleが研究資金を提供する。テルアビブ大学の動物学、電気工学、経済学、統計学、社会学、コンピューターサイエンス、聖書学、地球科学、人類学、コミュニケーション学など幅広い研究者が「社会の利益のためのAI」をテーマに研究を行っていく。

「Social Good」は、そのままソーシャルグッドと訳されることも多く、環境問題や病気、紛争解決など社会課題の解決やSDGs(持続可能な開発目標)を実現するような活動、取組として世界規模で流行している用語だ。

テルアビブ大学の学長のアリエル・ポーラット氏は「技術的な研究だけでなく社会学や人文科学とAI技術の懸け橋になるような研究を行っていきたいです。Googleとはこれだけでなく、これから将来にわたって協力していきたいです」と語っている。

「社会の利益のためにAI技術のパワーを活用していけることを期待」

Googleイスラエルのヨッシ・マティアス氏は「AI技術はすでにあらゆる分野で大きなインパクトを与えています。今回のプログラムを通じて社会の利益のためにAI技術のパワーを活用していけることを期待しています」とコメントしている。

Googleは検索やGメール、YouTube、AndroidOSなど自社で提供しているサービスで世界中のデータや情報を収集し、機械学習を通じてAI技術開発力も世界有数である。そして、Googleでは世界中でAI技術を活用して洪水予測や病気の診断などすでに「社会の利益のためのAI」を提供している。またイスラエルはサイバーセキュリティやAI技術開発力に優れており、研究している大学や様々な技術やサービスを提供するスタートアップ企業が多い。

▼Googleとテルアビブ大学のAI技術研究の連携を発表する動画。