トリップアドバイザー「アウシュビッツでは赤ちゃんとガス室を体験できる素敵な場所」口コミ削除

(写真:ロイター/アフロ)

「生まれたばかりの子供と一緒にガス室を体験できる素敵な場所だった。でも家族でも楽しめます」アウシュビッツ博物館抗議に当初は削除せず

第二次世界大戦時にナチスドイツが支配下の地域でユダヤ人を差別、迫害して約600万人のユダヤ人、ロマ、政治犯らを殺害した、いわゆるホロコースト。そのホロコーストの象徴的な存在の1つがアウシュビッツ絶滅収容所。アウシュビッツ絶滅収容所では欧州からのユダヤ人やロマ、政治犯ら110万人以上が殺害された。

アウシュビッツ絶滅収容所は現在でも世界中からの観光客や欧米、イスラエルの学生らが社会科見学で訪問しており、2019年には過去最高の230万人以上がアウシュビッツ絶滅収容所を訪問していたが、2020年は世界規模でのパンデミックの影響で、アウシュビッツ絶滅収容所博物館も一時閉鎖しており、昨年の訪問者数は52万人程度だった。最近ではオンラインやバーチャルでの展示にも注力している。それでも現在でもアウシュビッツ絶滅収容所は世界的な観光名所の1つである。

そして世界的な旅行サイトのトリップアドバイザーのアウシュビッツ絶滅収容所を紹介するページの利用者の口コミに「(アウシュビッツは)生まれたばかりの子供と一緒にガス室を体験できる素敵な場所だった。でも家族でも楽しめます」という投稿があり、ネットでも大炎上していた。

ナチスドイツのユダヤ人政策の基本は「労働を通じた絶滅」だったので、働けない子供や老人はアウシュビッツ絶滅収容所に到着すると選別されて、ガス室で殺害された。生まれたばかりの子供のほとんどはアウシュビッツに移送される列車の中で窒息して死んでしまうことが多かったし、アウシュビッツに到着しても確実にガス室で殺害されてしまった。

アウシュビッツ博物館はトリップアドバイザーにこの口コミの削除を要請し、トリップアドバイザーも口コミを削除。トリップアドバイザーは当初は「レビューしたところ、ガイドラインに従った投稿」ということで削除していなかった。だが、その後、社内でエスカレーションしていき、内容に問題ある投稿であることを認識して削除することを決定。さらに、当初削除していなかったことをアウシュビッツ博物館とユダヤ人コミュニティに謝罪し、投稿した利用者を利用禁止にした。

見つけるのが難しいSNSや口コミサイトでのヘイト

現在でも欧米や中東諸国では反ユダヤ主義が根強く「ホロコーストなどなかった」といったホロコースト否定論も多い。ナチス礼賛や反ユダヤ主義、ホロコースト否定論など民族憎悪やヘイトスピーチに関する投稿はFacebookやTwitterなどのSNSによく投稿されるが、そのような投稿は禁止されており、投稿しても削除される。

だが明らかに反ユダヤ主義やホロコースト否定だとわかるものはすぐに検知して即座に削除することも可能だが、仲間内でしかわからない隠語やコメント、綴りを1文字だけ変えたりしての投稿も多く、検知するのも難しい。そのようなコメントは利用者からの申告があるまで削除されないことがほとんどだ。Googleマップでもアウシュビッツ絶滅収容所で150以上の反ユダヤ主義のコメントを数年間放置していて、指摘を受けて削除した。

今回トリップアドバイザーの口コミも「生まれたばかりの子供と一緒にガス室を体験できる素敵な場所だった。でも家族でも楽しめます」(“This place was great went there with my newborn babys to test the chamber but they came out deformed. But its fun for the family.”)の文には1つも反ユダヤ主義やヘイトのワードは入っていないため、たしかに同社のガイドラインには違反していなかったのだろう。だが歴史を学んだ人間ならアウシュビッツを紹介するコメントで、この文章が不適切なことはすぐにわかる。アウシュビッツの歴史上のコンテクストがわからなければ、この英文1行だけでは、これが不適切なコメントだと判別できないだろう。特に機械ではこの文章をヘイトや不適切な表現だとは識別も判別もできない。このような投稿がSNSや投稿サイトにはたくさん見られる。

▼トリップアドバイザーに削除を要請するアウシュビッツ博物館のツイート

▼アウシュビッツ絶滅収容所のガス室の入り口

写真:Shutterstock/アフロ

▼アウシュビッツ絶滅収容所のガス室

写真:Shutterstock/アフロ