Google、インドで人気の鉄道アプリ「Where is my train」買収

(写真:ロイター/アフロ)

 Googleは2018年12月、インドで人気の鉄道アプリ「Where is my train」を運営しているSigmoid Labを買収。インドは世界最大の鉄道網。鉄道アプリ「Where is my train」は1000万人以上が利用しているインドでも人気のアプリで、電車の出発、到着時刻の確認、乗り継ぎ案内、座席チケットの購入などができる。さらにネットに接続しないでも利用できることが、プリペイドSIMが多く通信料金に敏感なインド人にも人気。

Google、インド全土で400駅で無料Wi-Fi提供

 人口約13億人のインドではここ何年かで1億人以上が初めてインターネットにアクセスできるようになった。それでもまだ、インドでネットに接続できるのは約3億人だけだ。まだ10億人以上がネットにアクセスできない環境にいる。Googleは2015年からインドの鉄道駅でWi-Fiを敷設し、無料で提供している。「Google Station」と呼ばれるインドの鉄道駅での無料Wi-Fiは2016年末までに100駅で提供され、全土で400駅で無料Wi-Fiが利用できる。

 Googleの収入の90%以上は広告である。広告収入をさらに増加させるためにも多くの人にGoogleのサービスを利用してもらう必要がある。そして多くの人がサービスを利用することによって、利用者の情報も吸い上げて、利用者に応じた広告配信が行うことができるようになる。

 鉄道は、誰がいつ、どの電車を利用しているかといった「人々の日常生活の情報の宝庫」で、それらの情報は個人への適切な広告配信ができる。そのためにはネットワークのインフラ整備が重要ということから、Googleはインドの鉄道駅で無料Wi-Fiを提供してきた。そして、今回の鉄道アプリ「Where is my train」を傘下に収めることによって、鉄道に関する情報提供、広告配信を行えるプラットフォームも手に入れた。

▼Googleがインドの鉄道駅で提供する無料Wi-Fi「Google Station」