フランス政府、デフォルトの検索エンジンとしてGoogleの利用を中止:個人情報の扱いを懸念

フランスのマクロン大統領(左)とGoogleのサンダー・ピチャイCEO(右)(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

 フランス政府は検索エンジンとしてGoogleをデフォルトで利用することを中止することを明らかにした。フランスでのフランス人のGoogle利用中止ではなく、あくまでもフランス政府内での検索エンジンをGoogleを利用しないだけだ。

代替としてQwantを利用

 フランス国民議会とフランス陸軍省は2018年10月に既に、Googleをデフォルトの検索エンジンとしては利用中止している。Googleの代替として、フランスの企業Qwantの検索エンジンを利用している。

 Googleが利用者の検索行動や履歴をトラッキングしてターゲット広告を表示することに対して、フランス政府は個人情報の取り扱いの観点から懸念を示している。 Googleの代わりに利用するQwantでは、利用者の検索行動や履歴をトラッキングしない。

 フランスのマクロン大統領は「政府は利用者のプライバシー、インターネットへの安心安全なアクセスを保護するためのルール強化、法制度の整備をしていかないといけない」とコメント。