インドのケンタッキー、チキンを買ったらドローンがもらえる『食事とテクノロジーは我々を楽しませる』

(KFC India)

 インドのケンタッキーフライドチキン(KFC)が、2018年1月25日と26日の2日間限定で、「スモーキー・グリルド・チキン」のボックスを買ったらドローンがもらえるキャンペーンを実施していた。インド10都市の12店舗でキャンペーンを展開。

インドで販売された「スモーキー・グリルド・チキン」(KFC India)
インドで販売された「スモーキー・グリルド・チキン」(KFC India)
ドローンは自分で組み立てる(Hidustan Times)
ドローンは自分で組み立てる(Hidustan Times)

「食事とテクノロジーは我々と楽しませるもの」

 ドローンは「UFO」ならぬ「KFO」(Kentucky Flying Object)と呼ばれている。Bluetoothでスマホと接続してドローンを操作することが可能で、実際に5分程度の飛行が可能。

 どうしてドローンなのかと思う人もいるだろう。KFCインドのLluis Ruiz Ribot氏は「食事とテクノロジーは我々と我々の顧客をワクワクさせ、楽しませるもの。2つの『ウィング(Wing)』がある。1つはチキンのウィングで、もう1つがドローンのウィング。KFCインドでは両方提供する。スモーキー・グリルド・チキンの登場とともに、ドローンも楽しんでほしい。チキンもドローンもクールなボックスに入っている」とコメント。チキンとドローンのウィング(Wing)をかけているようだ。

 牛肉を食べないヒンズー教徒と豚肉を食べないムスリムが多いインドではフライドチキンが大人気。多くのインド人がKFCで食事を楽しんでいる。インドのKFCでは、2016年にスマホを充電できるボックスをプレゼントしていたこともある。

▼「KFO」紹介動画(KFC India)

▼「KFO」ドローンの作り方も動画で紹介(KFC India)