アマゾン、次はシンガポールで「Prime Now」開始:赤字の海外事業でも投資は拡大

(写真:ロイター/アフロ)

 アマゾンは2017年7月27日、2017年第2四半期(4~6月)の決算を発表した。売上高は前年同期から25%増の379億5,500万ドル(約4兆円)。但し、今期は配送センターへの投資や動画コンテンツ、マーケティングへのコストが嵩んだため純利益は77%減の1億9,700万ドル(約220億円)だった。

売上はまだアメリカ、利益はAWS

 アマゾンの売上高構成比は、北米市場(特にアメリカ)での売上が約60%である。この構成比はここ何年間も大きな変更はない。海外市場はイギリス、ドイツ、日本、フランス、中国、イタリア、スペイン、インド、メキシコ、ブラジル、オーストラリア、オランダ、シンガポールの13か国を合わせても売上高構成比は30%程度だ。また海外市場は売上高としては前年同期比14%増の114億8,500万ドルと売上は伸びているものの、営業損失は7億2,400万ドルの赤字だ。

 アマゾンの業績に大きく寄与し、成長が著しいのは、クラウド事業のAmazon Web Services(AWS)だ。売上高は前年同期比30%増の41億ドル、営業利益は同22%増の9億1,600万ドル。アマゾン全体の売上構成もついに10%を突破。営業利益は北米市場よりも大きく、アマゾンの重要な収益の柱に成長した。

2017年第2四半期の売上と売上高構成比率と特徴 (アマゾン発表資料を元に作成)
2017年第2四半期の売上と売上高構成比率と特徴 (アマゾン発表資料を元に作成)

シンガポールで「Prime Now」1~2時間でお届け

 海外事業では、ずっと赤字続きのアマゾンだが、2017年7月27日にはシンガポールで「Prime Now」のサービスを開始。シンガポールの「Prime Now」は9.99シンガポールドル(約800円)を支払うと1時間以内に配送。40シンガポールドル以上の場合は2時間以内に配送してくれる。配送センターも設立。

 アマゾンにとってもシンガポールは重要な市場だ。シンガポールは共働きが多く、高層マンションで生活している。さらに暑くて毎日の買い物は大変なので、ネットでの買い物は需要がある。既にアリババグループのLazadaも進出しており、現地では人気がある。アマゾン全体でみると、赤字続きの海外事業だが、先行投資を止めることはない。