「歩きスマホ」なら笑ってすまされるが・・・恐怖の「ながら運転」南アフリカ州政府の動画

(Western Cape Government #ItCanwait)

南アフリカの西ケープ州政府が「ながらスマホ」を防止するための啓発動画を制作した。

前半は「歩きスマホ」でのコミカルなシーンがいくつか登場している。スマホに夢中になっていて、人とぶつかったり、池に落ちたり、柱にぶつかったり、転んだりと日本人でも「歩きスマホ」をしていて、同じような経験をしたことがある人も多いだろう。そして後半では「ながら運転」で自動車の運転中にスマホを触ろうとして、そのままクラッシュしてしまうという衝撃的な内容だ。

周囲が見えてない「歩きスマホ」

日本でも「歩きスマホ」は一向に減少しない。それどころか増加している。この動画では「ながら運転」の対比として「歩きスマホ」が扱われているが、「歩きスマホ」も危険だ。実際に視野が狭くなっているにも関わらず「自分だけは大丈夫」と勝手に思い込んでいて「歩きスマホ」をやめない。また「歩きスマホ」をしている時は神経はスマホに集中しているので、咄嗟の判断も出来ない。柱が目の前にあっても、人が前から来ていても直前まで見えていないので、ぶつかってしまう。

歩きスマホなら笑ってすまされるが・・
歩きスマホなら笑ってすまされるが・・
自動車でのスマホ操作は非常に危険。本当に命取りになる(Western Cape Government #ItCanwait)
自動車でのスマホ操作は非常に危険。本当に命取りになる(Western Cape Government #ItCanwait)

そして「歩きスマホ」の時は、思考が自己中心的になっている。例えば「自分は今、LINEをやっていて忙しいんだ」と思い込んでいる。そのため、このようなアクシデントに遭遇しても、イライラして「ぶつかってきた相手が悪い」と八つ当たりしたり、「こんなところに柱があるのが悪い」と勝手に一人で怒っている。周りから見たら笑止千万な風景だ。

南アフリカの州政府が制作した動画ではコミカルなシーンばかりだが、線路で「歩きスマホ」をして自分が落下して電車が来たら、道路で「歩きスマホ」をしててい自動車がやってきたら、と想像するだけでもぞっとする。

「歩きスマホ」よりも遥かに危険な「ながら運転」

そして「歩きスマホ」よりも遥かに危険なのが運転中のスマホ操作だ。ほとんどの国や地域で法律で禁止しているのだが、運転中のスマホでの事故は国内外で後を絶たない。

結局のところ、運転中のスマホも「歩きスマホ」の延長にある。どれだけ危険だということを頭では理解していても、常にスマホが気になってしまうのだ。「ながら運転」は言うまでもなく、自分が衝突して大怪我をしたり死亡するだけでなく、他人も悲惨な大事故に巻き込む可能性が高い。