インドネシア、バイクタクシーはスマホで呼ぶ時代に:いっきに普及したGO-JEKとGrab

ジャカルタの街は緑色のジャンパー、ヘルメットのバイクタクシーがいっきに普及

インドネシアの首都ジャカルタの交通渋滞は物凄い。自動車での移動では通勤時だけでなくとも常に渋滞している。一方通行の道路も多く、事故などで封鎖されていることもあり、さらに渋滞を加速させている。

移動手段で一番効率的なのがバイクタクシーOjek

そのような渋滞天国のジャカルタでは約束の時間に間に合わせるためには自動車ではリスクが高い。また全ての人が自動車に乗れるわけではない。そこで昔からジャカルタでは移動手段としてバイクがよく使われていた。Ojek(オジェック)と呼ばれるバイクタクシーも一般的だった。バイクでも渋滞しているが、バイクの方が自動車よりも圧倒的に速くて便利だ。Ojekは現在でもあり、これは「Ojek乗り場」のような「バイクの溜まり場」が道路沿いにあって、そこでバイクの運転手に行き先を告げて乗るものだった。

バイクタクシーはスマホで呼ぶ時代に

ところが、この1年くらいでジャカルタのOjek事情が大きく変わった。町中に緑色のジャンパーを着て、緑色のヘルメットをかぶったバイクがやたらと目立つようになった。これが新しいOjekの運転手のスタイルで、インドネシアのOjekはほぼGO-JEKとGrabの2強になった。Grabはインドネシア以外にも東南アジアで展開しておりソフトバンクも少しだが出資している。両社ともに緑色のジャンパーと緑色のヘルメットだ。

これは配車アプリUberのバイク版のようなもので、スマホでバイクタクシーを呼んで、行き先に行く。今までのようにOjek乗り場に行って交渉したりしないでよい。両社ともにスマホのアプリで、近くにいるバイクタクシーを見つけて、必要なところまで来てもらい、行き先まで行く。料金も明瞭で、ぼったくられることもない。バイクの運転手も常にスマホを持って、客からの呼び出しが来ないかチェックしている。以前のOjekよりもかなり効率的になった。インドネシアではAndroidがほとんどだがスマホがかなり普及しており、ジャカルタのような都会では学生から大人までほぼ全ての人がスマホを所有しているし、バイクタクシーOjek自体は昔から慣れ親しんでいるサービスなのであっという間に広がっていった。

Ojekの運転手をしていた人たちがそのままGO-JEKやGrabで運転手をやっていることが多いようだが、サービスもかなりよくなった。例えば従来のバイクでは誰が利用したかわからないヘルメットをそのまま着装せざるを得なかったが、現在ではマスクと頭にかぶるネットを提供してくれる。運転手の緑色のジャンパーも清潔だ。

買い物から配達まで何でもやるGO-JEK

現在、ジャカルタではGO-JEKの方が優勢だ。Go-JEKの人気はバイクタクシー以外にも荷物の配達、買い物の手伝い、食事のデリバリーなども行っているからだろう。インドネシアでは主婦があまり家庭で料理を作らないから、外の屋台やレストランで食事をしたり、デリバリー(出前)で済ますことが多い。GO-JEKでは、客から希望の食事を聞いて買ってきて、それをバイクで自宅やオフィスなどにも届けてくれるので評判がいいようだ。また買い物の手伝いもやっており、客が頼んだ商品をスーパーや市場などに行って購入して家までバイクで運んでくれるサービスも行っている。

Grabはバイクタクシー以外にも自動車の配車もやっている。最近ではデリバリーなども行うようだ。Uberもサービスを提供しているがインドネシアは渋滞天国で不便なことと、タクシーも初乗りが日本円で50円程度で多くのタクシーがあるので、それほど利用したいとは思わない。バイクタクシーの方が圧倒的に効率的で便利だ。

日本人は安全のために自動車・タクシーでの移動を

スマホで呼び出せるようになって便利になり、ぼったくられることがなくなったとはいえ、それでもインドネシアに慣れていない日本人がバイクタクシーを利用することはお勧めしない。バイクタクシーの運転手で英語を話せる人はほとんどいないこともあるが、インドネシアの道はまだ整備されていないし、砂埃も酷いし、臭いがきつい所ある。そしてバイクだから当然冷房がないので、とにかく疲れる。

さらに雨期には突然スコールが降ってきてびしょ濡れになることもある。移動中に大雨が降ってきた時は運転手と一緒にどこかで雨宿りすることにもなるし、雨で迎えに来れないこともある。軽い雨の時には雨合羽を貸してくれるが危険だ。また、とにかく渋滞を避けようと前へ前へと進もうとして他のバイクの運転手とトラブルを起こしたり、信号で停止すると運転手は常にスマホをチェックしているので交通事故に巻き込まれる危険性も自動車より高い。たとえ渋滞に巻き込まれるとしても、インドネシアに慣れていない日本人は自動車での移動が良い。

どのような所にでも迎えにも行くし、連れて行ってくれる。
どのような所にでも迎えにも行くし、連れて行ってくれる。
ハンドルの間に搭載しているスマホで客からの依頼をチェック
ハンドルの間に搭載しているスマホで客からの依頼をチェック
ジャカルタのあらゆる所で緑色のジャンパーのバイクを見かける
ジャカルタのあらゆる所で緑色のジャンパーのバイクを見かける
乗車前には男女問わずマスクと頭のネットをくれる
乗車前には男女問わずマスクと頭のネットをくれる
ヘルメットの前にネットをかぶることができる
ヘルメットの前にネットをかぶることができる
客のヘルメットも緑色
客のヘルメットも緑色
自分が呼んだバイクかどうかの確認を行ってから乗車
自分が呼んだバイクかどうかの確認を行ってから乗車
バイクから充電しているスマホで客からの呼び出しをチェック
バイクから充電しているスマホで客からの呼び出しをチェック
大きなデパートの前などでは客の帰りを待つ運転手がたくさんいる
大きなデパートの前などでは客の帰りを待つ運転手がたくさんいる
GO-JEKのジャンパー。提供しているサービス(配達、バイク、デリバリー、買い物)が書かれている
GO-JEKのジャンパー。提供しているサービス(配達、バイク、デリバリー、買い物)が書かれている
スーパーの駐車場には客の買い物をする運転手のためにGO-JEKバイク専用の駐輪場もある
スーパーの駐車場には客の買い物をする運転手のためにGO-JEKバイク専用の駐輪場もある
客からの依頼で食事や買い物のデリバリーも行っている
客からの依頼で食事や買い物のデリバリーも行っている
渋滞が酷いジャカルタではデリバリーはバイクよりも歩いた方が速い場所も多い
渋滞が酷いジャカルタではデリバリーはバイクよりも歩いた方が速い場所も多い
町のあらゆる所で休憩しながらも客からの呼び出しを待つ運転手ら
町のあらゆる所で休憩しながらも客からの呼び出しを待つ運転手ら
スマホでの呼び出しでなくとも従来のOjekのように街にいる運転手に声をかけて空いていたら乗れる
スマホでの呼び出しでなくとも従来のOjekのように街にいる運転手に声をかけて空いていたら乗れる
バイクタクシーの運転手らは非常に気さくだが英語は全く通じないことが多い
バイクタクシーの運転手らは非常に気さくだが英語は全く通じないことが多い