Google、アメリカの地域別ハロウィンのコスチュームトレンドを示した「Frightgeist」公開

(写真:ロイター/アフロ)

Googleはアメリカの都市別でのハロウィンのコスチュームトレンドを示した「Frightgeist」を公開した。「Frightgeist」はGoogle News LabsがGoogle Trendsを使い、アメリカでハロウィンで仮装するコスチュームの検索キーワード上位500語を、地域別にその傾向をを視覚化している。

■アメリカでのハロウィンのコスチュームに地域別の大きな特徴は見られない

「Frightgeist」のサイトの「TRENDING LOCALLY」では表示されているアメリカの地図上にある地域や都市名にカーソルを合わせると、その地域で最も検索されたコスチュームの結果が表示される。また同サイトの「TRENDING NATIONALLY」では全国で人気があるコスチュームの上位から順番に表示されている。

アメリカで人気があるのは「ハーレイ・クイン」、「スターウォーズ」、「海賊」、「スーパーヒーロー」、「魔女」、「バットマン」、「ミニーマウス」、「ジョーカー」、「プリンセス」などだ。特に映画のキャラクターは多い。「ゴーストバスターズ」は今年で30周年ということもあり注目されているようだ。アメリカのどこの地域でもコスチュームの大きな違いは見られない。例えば、アラスカでもハワイでもボストンでも人気があるのは「海賊」のコスチュームだ。つまりアメリカのどこの都市や地域でも、同じようなコスチュームで仮装してハロウィンを楽しむのだろう。

ハロウィンはアメリカだけでなく、最近では日本でも若者らが仮装している。渋谷や六本木に仮装した若者らが大挙して来る。そして日本だけでなくインドネシアや香港などアジア諸国でも商業主義的だがハロウィンの仮装する風習が急速に浸透している。アメリカだけでなく全世界のそれぞれの地域でハロウィンのコスチュームのトレンドが見れたら、どのような傾向がみられるのか興味深い。

Frightgeist

▼Googleのハロウィン向けアプリの広告動画