コロナの影響で都心マンションは値上がりする? 不動産業界が用地探しに積極的な理由

都心部の不動産価格は下がる、とみる向きが多いのだが……。(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

 新型コロナウィルスの影響でマンション価格が下がる、という予測が広まっている。

 景気の後退感で、購入意欲が下がり、販売が滞る。すると、不動産会社はたまらずに値引きを開始する、という図式が想定されるからだろう。

 先行きの暗さに、不動産会社各社は頭を抱えている……そんな姿を想像しがちだが、実は不動産業界に別の動きが出ていた。

 別の動きとは、都心部で新たな土地の売り物がでないか、用地探しに積極的というものだ。

狙いは、便利な場所のホテル

 不動産会社が狙い目とするひとつは、都心のホテルだ。

 新型コロナウィルスの影響で、都心部のホテルでは宿泊者が大幅に減少。これまで数を増やしてきた都心のホテルだが、一部整理する動きも出てきそう。できれば、その土地を購入したい、というのである。

 ホテルが建つ場所であれば、利便性が高く、分譲マンションに最適だし、場所によってはオフィスビルや飲食ビル、もしくはそれらの複合でも利用できるだろう。

 利用価値の高さから、ここ数年、都心部ではまとまった広さの土地が手に入りにくくなっていた。その希少な土地を入手できるチャンスとみているわけだ。

新築マンションがさらに値上がりする?

 といっても、都心のマンションはすでに値段が上がり、必ずしも売れ行き好調というわけではない。にもかかわらず、新たな土地を仕入れて大丈夫なのだろうか。

 心配になるのだが、そこでキーワードになるのが「インフレ懸念」だ。

 今、国は悪化した経済を立て直すため、給付金を大規模に支給する計画を打ち出している。その総額は100兆円を超えるような規模になりそうだ。先進国では、どこも同様のお金が支給されそうである。

 それだけのお金を用立てるために、日本をはじめ各国で国債の大量発行などが必要になる。そのことが日本経済、そして世界経済に少なからぬ影響を及ぼすことが想像される。

 まず、想定されるのが、大金を支給することによるインフレの進行だ。インフレが起きれば、お金の価値が下がり、金、プラチナといった貴金属の値段がさらに上がる。そして、インフレに強いとされる土地の値段も上がる、というのが経済の原則である。

 土地の値段があがれば、当然、新築マンションの価格も上がってしまう。

インフレが明らかになってからでは、遅い

 今後の不動産価格を推測するとき、「新型コロナウィルスで経済が悪化する」可能性だけでなく、「大型の経済対策によるインフレ懸念」も考慮に入れなければならない。

 インフレが起きれば、現在、「高すぎる」と言われる都心マンションの価格は、「それほど高くない」とみられるようになり、さらに高額のマンションを販売できる余地が生じる。

 そうなったときに、新たな土地を探しても、もう遅い。インフレが明らかになったとき、都心部や郊外駅近の土地は大きく値段を上げてしまうからだ。「新型コロナウィルスの影響で、都心の不動産価格は下がる」と多くの人が考えている今こそが、用地取得のチャンスということになる。

 まさに、危機こそがチャンスということなのか。これからマンションを買おうとする人には、あまりうれしくない動きではある。

年間200物件以上の物件取材を行い、全国の住宅事情に精通。正確な市況分析、わかりやすい解説で定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞に連載コラムを持ち、テレビ出演も多い。著書多数。

有料ニュースの定期購読

資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」サンプル記事
月額1,100円(初月無料)
月3回程度
今、マンション・一戸建ての評価は、高く売れるか、貸せるかの“投資”目線が中心になっていますが、自ら住む目的で購入する“実需”目線での住み心地評価も大切。さらに「建築作品」としての価値も重視される時代になっていきます。「高い」「安い」「広い」「狭い」「高級」「普通」だけでは知ることができない不動産物件の真価を、現場取材と関係者への聞き取りで採掘。不動産を扱うプロのためのレビューをお届けします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ