「花園」こと全国高校ラグビー 出場51校とシード校発表!Aシードは3冠を狙う東福岡、御所実、桐蔭学園

昨年度は東海大仰星が3冠。今年度は東福岡が3冠を狙う!(撮影:斉藤健仁)

11月28日、12月27日~1月7日にかけて大阪・東大阪市花園ラグビー場&東大阪市多目的球技広場で行われる「花園」こと全国高校ラグビー大会の出場校およびシード校が発表された。

注目のシード校は13校が発表され、Aシードには春の選抜大会と夏の7人制大会につづく高校「3冠」を狙う東福岡、国体に単独チームで出場し優勝した御所実業、そして昨年の準優勝チームで春の選抜大会も準優勝だった桐蔭学園が選出された。

Bシードにはディフェンディングチャンピオンである東海大学仰星を含む大阪の3校や伏見工業・京都工学院を破って出場を決めた京都成章、選抜大会で初のベスト4に入った東京や同大会ベスト8の國學院栃木、東海大会王者の中部大学春日丘などが順当に選ばれた。

また出場校一覧を見ての通り、旭川工業と玉島の2校が嬉しい初出場となり、明治大学中野は27年ぶり、松山聖陵は39年ぶり、山口はなんと64年ぶりの出場となった。また佐賀工業は35年連続、秋田工業は66回目の出場となった。

組合せ抽選会は、12月3日(土)に毎日新聞社「オーバルホール」で行われる。シード落ちした実力校である仙台育英、茗渓学園、流通経済大柏、報徳学園、尾道、大分舞鶴、長崎北陽台などがどのブロックに入るかが注目される。

◇シード校

Aシード

西

御所実業:国体優勝

東福岡:選抜優勝

桐蔭学園:選抜準優勝

Bシード

西

京都成章:選抜予選Hブロック2位

東海大仰星:選抜ベスト4

常翔学園:選抜ベスト8

大阪桐蔭:選抜ベスト8

石見智翠館:中国大会準優勝

秋田工:選抜予選Aブロック2位

國學院栃木:選抜ベスト8

深谷:選抜予選Aブロック3位

東京:選抜ベスト4

中部大春日丘:東海大会優勝

◇出場51校一覧

北北海道:旭川工(初出場) 

南北海道:札幌山の手(2年ぶり16回目) 

青森県:青森北(6年連続18回目) 

岩手県:黒沢尻工(2年連続28回目) 

秋田県:秋田工(3年ぶり66回目) 

宮城県:仙台育英(21年連続23回目) 

山形県:山形中央(2年ぶり24回目) 

福島県:郡山北工(2連続2回目) 

茨城県:茗溪学園(5年連続22回目) 

栃木県:國學院栃木(17年連続22回目) 

群馬県:東京農業大第二(8年ぶり25回目) 

埼玉県:深谷(3年連続9回目) 

千葉県:流通経済大柏(22年連続24回目) 

東京都第1:東京(2年ぶり12回目) 

東京都第2:明治大中野(27年ぶり3回目) 

神奈川県:桐蔭学園(2年連続15回目) 

山梨県:日川(11年連続46回目) 

新潟県:新潟工(13年連続41回目) 

富山県:富山第一(3年ぶり9回目) 

石川県:日本航空石川(12年連続12回目) 

長野県:岡谷工(5年連続29回目) 

静岡県:浜松工(3年ぶり5回目 )

愛知県:中部大春日丘(4年連続6回目) 

岐阜県:関商工(6年連続37回目) 

福井県:若狭東(2年ぶり28度目) 

三重県:朝明(5年連続7回目) 

滋賀県:光泉(6年連続8回目) 

京都府:京都成章(3年連続9回目) 

大阪府第1:東海大仰星(4年連続17回目) 

大阪府第2:常翔学園(2年連続35度目) 

大阪府第3:大阪桐蔭(5年連続11回目) 

兵庫県:報徳学園(2年ぶり41回目) 

奈良県:御所実(2年ぶり10回目) 

和歌山県:和歌山工(2年連続22回目) 

鳥取県:米子工(21年ぶり7回目) 

島根県:石見智翠館(26年連続26回目) 

岡山県:玉島(初出場) 

広島県:尾道(10年連続11回目) 

山口県:山口(64年ぶり4回目) 

香川県:高松北(3年連続11回目) 

愛媛県:松山聖陵(39年ぶり2回目) 

徳島県:つるぎ(2年連続25度目) 

高知県:土佐塾(5年連続16回目) 

福岡県:東福岡(17年連続27回目) 

大分県:大分舞鶴(31年連続55回目) 

佐賀県:佐賀工(35年連続45回目) 

長崎県:長崎北陽台(3年連続16回目) 

熊本県:九州学院(3年ぶり3回目) 

宮崎県:高鍋(6年連続24回目) 

鹿児島県:鹿児島実業(3年連続17回目) 

沖縄県:名護(3年ぶり16回目)