ベルリンの「慰安婦像」が撤去へ! 日本のロビー外交の成果か!

フライブルク市で像の設置を推進していた韓国水原市の市民団体(主催団体のHPから)

 ドイツの首都・ベルリン市に9月25日に設置されたばかりの「平和の少女像」と称される旧日本軍従軍慰安婦像が撤去されることになった。ベルリン市が昨日(8日)、撤去命令を出したことによる。

(参考資料:日本はベルリンの慰安婦像を撤去できるか?

 ベルリン市ミッテ区の名で出された撤去命令はこの像を設置したドイツ在住の韓国人団体「コリア協議会」に対して行われたもので「今月14日までに撤去せよ」と命じている。行政命令には「自主的に撤去しない場合は、市当局が強制的に撤去し、その費用を協議会に請求する」としている。

 ミッテ区は当初、この象がベルリン都市空間文化委員会など関係当局の審査をパスしたことから7月に設置を許可していた。それが一転、撤去となったのはこの像に刻まれている碑文にあるようだ。碑文には「第2次世界大戦当時、日本軍はアジア・太平洋全域で女性を性奴隷として強制的に連行した」と書かれてあり、ミッテ区はこれを問題視したようだ。

 ミッテ区は「コリア協議会」が碑文を事前に通知していなかったこと、また碑文は「日韓の葛藤を招き、(像が)日本に反対する印象を与えている」として一転不許可、撤去を決めたようだ。

 ドイツには南部のバイエルン州ヴィーゼントのネパール・ヒマラヤパビリオン公園とフランクフルトのラインマインにある韓国人教会前に同様の像が設置されているが、いずれも私有地に設置されていることから州や市当局による強制撤去は困難だった。しかし、今回は初めてブランデンブルク門やベルリン中央駅などがあるミッテ区の公共の場に設置されていたことから撤去は可能となったようだ。

 撤去はミッテ区の自主的な判断に基づいているが、韓国政府は日本政府が撤去に向けて現地の日本大使館を中心に活発なロビー外交を行った結果とみている。茂木外相が10月1日、ハイコ・マース・ドイツ外相とテレビ会談を行った際にドイツ政府に撤去するよう求めていたことなどをその根拠に挙げている。

(参考資料:欧州の中心国・ドイツを抱き込め! 日韓の対立は外交戦へ!

 日本政府が2015年11月の「日韓慰安婦合意」を盾にドイツ政府に撤去への協力を求めたのは充分に察しが付く。日韓合意には▲韓国政府は海外での像の設置を支援しない▲性奴隷という表現も使わない▲韓国の支援団体を説得し、駐日本大使館前にある少女像の問題の解決に努力することなどが謳われているからだ。

 ドイツでは日本のロビー外交が功を奏して、慰安婦像の設置阻止や撤去に成功した例がある。4年前にフライブルク市に建立を計画していた慰安婦像は在ドイツ日本大使館やフライブルク市と姉妹都市を結んでいる愛媛県の松山市の働きかけなどが功を奏して、設置を阻止できたことがあった。

 昨年もベルリン北部のブランデンブルクのナチ強制収容所記念館(Ravensbruck Memorial)に展示されていた10センチそこそこの小さな慰安婦像が日本の抗議によって撤去されている。このミニチュアは「コリア協議会」の会長が寄贈したものだが、日本大使館がブランデンブルク州当局と記念館に抗議して、撤去させていた。

 韓国政府はまだ公式的な立場を明らかにしてないが、撤去を求める日本側の動きに外交部のキム・インチョル報道官は「民間の自発的な動きに日本政府が外交的に関与するのは望ましくない。自ら表明した責任の痛感と謝罪・反省の精神に逆行する行為である」と批判していた。

東京生まれ。明治学院大学英文科卒、新聞記者を経て1982年朝鮮問題専門誌「コリア・レポート」創刊。86年 評論家活動。98年ラジオ「アジアニュース」キャスター。03年 沖縄大学客員教授、海上保安庁政策アドバイザー(~15年3月)を歴任。外国人特派員協会、日本ペンクラブ会員。「もしも南北統一したら」(最新著)をはじめ「表裏の朝鮮半島」「韓国人と上手につきあう法」「韓国経済ハンドブック」「北朝鮮100の新常識」「金正恩の北朝鮮と日本」「世界が一目置く日本人」「大統領を殺す国 韓国」「在日の涙」「北朝鮮と日本人」(アントニオ猪木との共著)「真赤な韓国」(武藤正敏元駐韓日本大使との共著)など著書25冊

有料ニュースの定期購読

「辺真一のマル秘レポート」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌ではなかなか語ることのできない日本を取り巻く国際情勢、特に日中、日露、日韓、日朝関係を軸とするアジア情勢、さらには朝鮮半島の動向に関する知られざる情報を提供し、かつ日本の安全、平和の観点から論じます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。