西太平洋でアメリカ海軍とロシア海軍の艦艇が異常接近

アメリカ海軍撮影、異常接近するロシア駆逐艦

 アメリカ海軍第7艦隊の発表によると、2019年6月7日午前11時45分ごろ、西太平洋のフィリピン海を航行していたアメリカ海軍のイージス巡洋艦「チャンセラーズヴィル」に対しロシア海軍のウダロイ級駆逐艦「アドミラル・ヴィノグラドフ(艦番号572)」が50~100フィート(約15~30メートル)までの危険な異常接近を行ったと発表しました。接近時に撮影された動画も公開されています。

 アメリカ海軍の説明によるとチャンセラーズヴィルはヘリコプターの着艦作業中で航行速度と針路を一定に保っていたところ、右後方からロシア駆逐艦が速度を出しながら危険な距離まで接近。チャンセラーズヴィルは衝突を避けるために後進全速をかけ緊急操船する必要があったとしています。この危険な異常接近についてアメリカはロシアに抗議を行いました。

アメリカ海軍撮影。向かって右側がアメリカ艦、左側がロシア艦。
アメリカ海軍撮影。向かって右側がアメリカ艦、左側がロシア艦。
アメリカ海軍撮影。向かって右側がアメリカ艦、左側がロシア艦。
アメリカ海軍撮影。向かって右側がアメリカ艦、左側がロシア艦。

 アメリカ海軍のヘリコプターから撮影した写真から双方の航跡が見えており、どちらが速度を出していたか、どのような操船をしたのかが分かります。この写真と動画から、ロシア艦がアメリカ艦よりも高速を出しており、衝突寸前に急旋回していることが見てとれます。

 ロシア海軍太平洋艦隊の駆逐艦「アドミラル・ヴィノグラドフ」は僚艦の駆逐艦「アドミラル・トリブツ」、給油艦「イルクート」と共に中国海軍との合同演習に参加し、アジア各国を訪問する遠征を行っていたところでした。