暑い晴天

 10月4日は、北海道は前線を伴った低気圧が通過したため曇りや雨で、気温は平年並みでしたが、その他の地方は大きな高気圧に覆われて晴天となりました(タイトル画像参照)。

 このため、北海道以外の地方では、台風16号が持ち込んだ暖気に日射が加わって10月とは思えない暑さとなりました。

 気温を観測しているアメダス920地点の約18パーセントにあたる166地点の最高気温は30度を超えた真夏日となりました(図1)。

図1 全国で真夏日を観測した地点数と夏日を観測した地点数の推移
図1 全国で真夏日を観測した地点数と夏日を観測した地点数の推移

 また、約82パーセントの757地点の最高気温は25度を超えて夏日となりました。

 10月4日ほどではなくても、気温が平年より高い状態は10月半ばまで続きそうです。

 そして、10月半ば以降は平年並みの気温に戻りそうです(図2)。

図2 東京の10月の最高気温と最低気温(5日~11日は気象庁、12日~20日はウェザーマップの予報)
図2 東京の10月の最高気温と最低気温(5日~11日は気象庁、12日~20日はウェザーマップの予報)

南の海上

 日本では、夏がなかなか去らない中、南シナ海やフィリピンの東海上という、いわゆる南の海で、台風のもととなる雲が増加しています(タイトル画像参照)。

 南の海は、夏が続いているのです。

 予想天気図を見ると、6日9時には南シナ海に熱帯低気圧があり、フィリピンの東のマリアナ諸島には低圧部があります(図3)。

図3 予想天気図(10月6日9時の予想)
図3 予想天気図(10月6日9時の予想)

 低圧部は周囲より気圧が低い領域ですが、低気圧のように、どこが中心なのかがはっきりしません。

 この低圧部の中のどこかで渦を巻くと熱帯低気圧になり、熱帯低気圧が発達して最大風速が17.2メートル以上になると台風発生です。

 つまり、低圧部は台風のタマゴのもとということもできるでしょう。

 今すぐ台風発生というわけではありませんが、来週には台風発生があるかもしれません。

 その頃から、日本列島に秋雨前線が停滞する可能性があり、台風と前線という危険な組み合わせとなる可能性もあります。

 来週は台風に警戒ということになるかもしれません。

 台風の上陸が一番多いのは9月ですが、近年は、10月に上陸する台風が増加傾向にあります。

 10月も台風シーズンですので、引き続き、南の海に注目です。

タイトル画像の出典:ウェザーマップ提供。

図1の出典:ウェザーマップ資料をもとに筆者作成。

図2の出典:気象庁ホームページとウェザーマップ資料をもとに筆者作成。

図3の出典:気象庁ホームページ資料に筆者加筆。