令和3年(2021年)正月は冬型の気圧配置が継続で全国的な寒さと新潟県中心の大雪

平成3年(2021年)始まりの衛星画像(1月1日0時)

年末年始の寒気南下

 日本列島に南下する寒気の目安として、上空約5500mの気温が使われます。

 上空約5500mの気温が氷点下30度以下なら強い寒気、氷点下36度以下なら非常に強い寒気で大雪の可能性もあります。

 令和2年(2020年)の年末から南下している寒気は、今冬4波目ですが、北海道では、氷点下36度どころか、氷点下42度以下という、真冬でもなかなか出現しない強烈なものです。 

 このため、大晦日は、最低気温が氷点下となる冬日を観測した地点750地点と、気温を観測している920地点の82パーセントもありました(図1)。

図1 全国の冬日と真冬日の観測地点数(12月1日~31日)
図1 全国の冬日と真冬日の観測地点数(12月1日~31日)

 また、最高気温が氷点下という真冬日も385地点(42パーセント)もあり、日本列島が寒さに震える年末になりました。

 そして、北日本の日本海側や北陸だけでなく、山陰地方まで大雪となり、鳥取県大山では12月30~31日の2日間に104cmの降雪がありました。

 ただ、年が変わり、令和3年(2021年)になると、氷点下42度以下の強烈な寒気は北海道の東海上に去り、石川県能登半島付近まで南下していた氷点下36度以下という強い寒気も、秋田県付近まで北上しています(図2)。

図2 上空約5500mの気温分布(1月1日朝)
図2 上空約5500mの気温分布(1月1日朝)

 年末に西日本まで南下していた寒気は、年始は、北陸までの南下に変わり、地上天気図でも、北日本と北陸中心の冬型の気圧配置に変わる予想です(図3)。

図3 予想天気図(1月1日9時の予想)
図3 予想天気図(1月1日9時の予想)

 西日本は大陸から高気圧が張り出してきます。

大雪警報の可能性

 気象庁では、5日先までに大雪警報を発表する可能性を「高」「中」の2段階で示した早期注意情報を発表しています(図4)。

図4 大雪に関する早期注意情報(1月1日~4日)
図4 大雪に関する早期注意情報(1月1日~4日)

 これによると、1月1日は東北地方の日本海側から北陸地方、岐阜県などで大雪警報を発表する可能性が「中」または「高」となっています。

 また、2日は東北地方の日本海側から北陸で「中」、3日は北陸地方で「中」、4日は新潟県で「中」となっています。

 新潟県や福井県では正月三が日に150cm以上の降雪が予想されています(図5)。

図5 72時間予想降雪量(1月1日~3日)
図5 72時間予想降雪量(1月1日~3日)

 北陸地方は、大雪に警戒が必要ですが、中でも新潟県は正月明けの4日も大雪の可能性がありますので、油断できません。

地軸に対して斜めにあたる太陽

 地球は地軸を23.4度傾けながら、1年間かけて太陽のまわりを公転しています(図6)。

図6 地軸の傾き
図6 地軸の傾き

 太陽の光が斜めから入射する場合と、真上から入射する場合では、単位面積当たりの光の量が違うため、北半球は太陽の方に向いている夏至の頃に太陽の光(エネルギー)を一番多く受け取ります。

 これに対し、冬は斜めから太陽の光が入射しますので、受け取る太陽のエネルギーは一番少なくなります。

 気象衛星で夜明け頃の気象衛星「ひまわり」の画像をみると、このことがよくわかります。

 夏至の頃は、北半球に多くの光が降りそそぎ、春分の日と秋分の日は両半球に同程度に、冬至の頃は南半球に多くの光が降りそそいでいます(図7)。

図7 令和2年(2020年)の夜明け
図7 令和2年(2020年)の夜明け

 地軸が傾いていることにより、日本で一番早い初日の出は、離島や山頂を除くと、千葉県犬吠埼(いぬぼうさき)で、6時46分です。

 地軸が傾いている影響で、冬至の頃のように太陽の光が南東側からあたり、犬吠崎よりも東にある北海道の納沙布岬(のさっぷみさき)は、初日の出が少し遅れます(図8)。

図8 令和3年の夜明け(1月1日7時30分)
図8 令和3年の夜明け(1月1日7時30分)

 地球が暖まったり、冷えたりするには時間がかかりますので、北半球で気温が一番高くなるのは、光の量が一番多くなる夏至の頃から1か月ほどたった7月、気温が一番低くなるのは、光の量が一番少なくなる冬至から1~2か月ほどたった2月です。

寒い年末年始ですが、寒さの本番はこれからです

健康に留意し、春を待ちましょう

タイトル画像、図2、図4、図5、図8の出典:ウェザーマップ提供。

図1、図7の出典:ウェザーマップ資料をもとに著者作成。

図3の出典:気象庁ホームページ。

図6の出典:饒村曜(平成27年(2015年))、天気と気象100ー一生付き合う自然現象を本格解説ー、オーム社。

【追加(1月1日8時30分)】

「図8 令和3年の夜明け(1月1日7時30分)」を追加しました。