日本の南海上で台風14号発生 10月台風の特徴

日本の南海上で台風になりそうな熱帯低気圧の雲(10月4日21時)

遠くなった夏の暑さ

 日本列島はほぼ東西にのびる前線による帯状の雲が広がり、北日本や北陸を中心に雨のところが多くなっています(図1)。

図1 地上天気図(10月4日21時)
図1 地上天気図(10月4日21時)

 晩秋の寒気がこの前線のところまで南下しているのですが、この前線の南下は北日本までです。

 このため、高気圧に覆われている東日本の太平洋側と西日本は、晴れて気温があがりましたが、真夏日(最高気温が30度以上の日)のところは全国の気温観測地点数の3%くらいしかありません。

 殺人的といわれた令和2年(2020年)も、猛暑日(最高気温が35度以上の日)を観測したのは9月中旬までで、夏日(最高気温が25度以上の日)も50%を大きく下まわっています(図2)。

図2 令和2年(2020年)に全国で猛暑日、真夏日、夏日を観測した地点数の推移
図2 令和2年(2020年)に全国で猛暑日、真夏日、夏日を観測した地点数の推移

 夏は遠くなった感じがしますが、日本の南海上には、夏を代表する熱帯低気圧の雲の塊があります(タイトル画像参照)。

熱帯低気圧の発生

 日本の南海上では対流活動が活発で、積乱雲があちこちで発生していましたが、次第に渦を巻き始め、令和2年(2020年)10月4日15時に熱帯低気圧が発生しました。

 そして、10月4日21時に、気象庁は今後24時間以内に台風に発達するとして、熱帯低気圧情報を発表しました(図3)。

図3 発達している熱帯低気圧の進路・強度予報
図3 発達している熱帯低気圧の進路・強度予報

 台風の発生・発達の目安は海面水温が27度以上ですが、日本の南海上の熱帯低気圧は30度以上という非常に高い気面水温で、しかも、熱帯低気圧(台風)が進む海域は28度以上です。

 熱帯低気圧は台風14号となり、強い勢力にまで発達して沖縄本島にかなり接近する見込みです。

 海面水温は、いつもの年より1度以上高いことが原因と考えられます。

(10月5日11時追記)

 日本の南海上の熱帯低気圧は、10月5日9時に台風14号に発達しました。

統計的に見た10月の台風

 少し古い資料ですが、10月に発生する台風は、ほとんどが北緯10度から20度の間です。

 日本の南海上で台風14号が発生した場合は、20度以北での発生ですので、10月としては高緯度での発生となります(図4)。

図4 台風の月別・緯度別発生数(昭和26年(1951年)~52年(1977年)、図中のOの太線が10月)
図4 台風の月別・緯度別発生数(昭和26年(1951年)~52年(1977年)、図中のOの太線が10月)

 また、台風の10月の平均経路を見ると、北緯15度位を西進するものが多く、一部は北上して日本の南海上を東進するものもあります(図5)。

図5 10月の台風の平均経路
図5 10月の台風の平均経路

 日本の南海上の熱帯低気圧の予想進路は、10月の平均経路より、10度位北を西進しているともいえます。

10月から12月の台風発生数

 台風発生数の平年値(昭和56年(1981年)から平成22年(2010年)の30年間の平均値)からみると、10月から12月には、台風は7.1個発生しています(表)。

表 台風の平年値と令和2年(2020年)の台風
表 台風の平年値と令和2年(2020年)の台風

 台風の統計が作られている昭和26年(1951年)以降、令和元年(2019年)までの69年間では、台風が平均7.3個発生しています(図6)。

図6 10月から12月の台風発生数
図6 10月から12月の台風発生数

 一番少なかったのは平成22年(2010年)と平成23年(2011年)の2個、一番多かったのは昭和27年(1952年)の13個です。

 令和2年(2020年)は、台風の発生が少なかったため、これから、過去最多タイの13個が発生して、初めて平年値の約26個です。

 つまり、令和2年(2020年)は、台風の発生が平年より少ない年になりそうです。

 このことは、台風被害の少ない年ということを意味しません。

 熱帯低気圧が台風14号となって接近する沖縄は、最新の台風情報の入手に努め、警戒してください。

 また、台風14号が過ぎ去ったあとも、しばらくは台風に対して警戒が必要です。

 5年に1回は10月以降に台風が上陸しており、昨年は、10月12日に上陸した台風19号により、大きな被害が発生しました。

 10月もまだ台風シーズンです。

タイトル画像、図3の出典:ウェザーマップ提供。

図1、表の出典:気象庁ホームページ。

図2の出典:ウェザーマップ資料をもとに著者作成。

図4、図5の出典:饒村曜(昭和55年(1980年))、台風に関する諸統計(第2報)進行速度、研究時報、気象庁。

図6の出典:気象庁ホームページをもとに著者作成。