極端になっている近年の台風 令和2年の少ない発生と上陸ゼロ

北西太平洋に散在する台風14号(図中の円)などの雲(9月29日12時)

令和2年(2020年)の台風

 近年の台風は、統計的にみて、いろいろなことが極端になっています。

 令和2年(2020年)の9月末は、台風13号が日本のはるか東海上を北上中です(図1)。

図1 台風13号の進路予報(9月30日0時の進路予報)
図1 台風13号の進路予報(9月30日0時の進路予報)

 台風の進路予報は最新のものをお使いください

 さらに、北西太平洋には、台風13号以外にも、積乱雲の塊が散在していますが、すぐに台風14号に発達しそうな積乱雲の塊はありません(タイトル画像参照)。

 従って、台風発生数は、9月末で13個になりそうです。

 毎年4個以上発生している7月の台風発生数が統計史上初めて0個であるなど、7月までの台風シーズン前半の発生数が極端に少なかったことに加え、8月から9月の台風シーズン後半はほぼ平年並みで、前半の少なさをカバーできませんでした(表)。

表 令和2年(2020年)の台風発生数と上陸数
表 令和2年(2020年)の台風発生数と上陸数

 台風の統計がはじまった昭和26年(1951年)以降、9月末までの台風発生数は、平均で18.9個ですから、令和2年(2020年)は、その約3分の2です。

 10月以降も台風が発生しますが、平年よりかなり多く発生しないと、平年の年間発生数26個には達しません。

 なお、令和2年(2020年)の9月末までの台風発生数を13個とすると、昭和26年(1951年)から令和2年(2020年)の9月末までの台風発生数の平均は18.9個です(図2)。

図2 9月末までの台風発生数
図2 9月末までの台風発生数

 そして、これまでの最少は平成10年(1998年)の9個ですが、これよりは多いものの、平均よりはかなり少ない発生数でした。

【追記(9月30日17時)】

 日本のはるか東海上の台風13号は、9月30日15時に温帯低気圧に変わりました。

 台風のタマゴである熱帯低気圧もありませんので、令和2年(2020年)は9月末までの台風発生数は13個で確定しそうです。

台風の上陸数

 近年、台風の発生数より、台風の上陸数のほうが極端になっています。

 気象庁では、台風の気圧が一番低い場所が、九州・四国・本州・北海道の上にきたときを「台風上陸」といいます。

 島の上の通過や、岬を横切って短時間で再び海に出る場合は上陸ではありません。

 この定義による台風上陸数は、平年(昭和56年(1981年)から平成22年(2010年)の30年平均)では2.7個です。

 そして、平年でいえば、10月以降の上陸数は0.2個です。

 このため、令和2年(2020年)の台風上陸数は0個になる可能性が高いといえます。

 昭和26年(1951年)からの30年間では、上陸数の最大が5個、最小が1個と台風が上陸しない年はありませんでした(図3)。

図3 台風上陸数の推移
図3 台風上陸数の推移

 しかし、昭和59年(1984年)に初めて上陸数が0個となるなど、昭和56年(1981年)から平成22年(2010年)までの30年間では、上陸数0個が4回もあります。

 その反面、平成16年(2004年)は上陸数が10個となるなど、上陸が多い年も増えています。

 前の30年間に比べ、平均値は3.0個から2.7個と少し小さくなるものの、標準偏差は1.2個から2.1個とかなり大きくなっています。

 この傾向は、平成23年(2011年)以降も続いているように思います。

10月も台風シーズン

 10月以降の台風上陸数の平年は0.2個と、台風が全く上陸しないわけではありません。

 5年に1回は上陸しており、昨年、令和元年(2019年)も、関東甲信地方や東北地方などで大規模な被害が発生した台風19号(東日本台風)が上陸したのは、10月12日のことです。

 昭和26年(1951年)以降、10月以降に上陸した台風は19個あります。

 このうち、昭和26年(1951年)からの30年間で7個、昭和56年(1981年)からの30年間で8個、そして、平成23年(2011年)からの9年間で4個(30年で13個に相当)です。

 近年は、数は少ないといっても、10月以降に上陸する台風が増加傾向です。

 また、台風が上陸しなくても、接近して大雨を降らせることがあり、10月も台風シーズンです。

 まだまだ台風に対して、気を抜くことはできません

タイトル画像、図1の出典:ウェザーマップ提供。

図2、図3の出典:気象庁ホームページをもとに著者作成。

表の出典:気象庁ホームページ。