再度の冬の嵐のあとは低気圧で関東も雪の可能性

Winter Landscape(提供:アフロ)

年末年始寒波

 令和元年(2019年)から令和2年(2010年)にかけての年末年始は、西高東低の冬型の気圧配置が続いています。

図1 予想天気図(1月2日9時の予想)
図1 予想天気図(1月2日9時の予想)

 大晦日から元日は、強い寒気が南下し、北日本を中心に暴風が吹き荒れました。

 冬型の気圧配置は、正月休み期間が終わる頃まで続きますが、特に5日(日)頃は強まって、強い寒気が南下してきます。

 上空の寒気の強さの目安として使われるのは、上空約5500メートルで気温が氷点下30度以下ということです。

 元日頃に南下してきた寒気は、上空約5500メートルで氷点下30度以下の範囲が能登半島先端付近から東北南部まででした。

 1月5日(日)に南下してくる寒気では、氷点下30度以下の範囲が北陸地方から関東北部以北です(図2)。

図2 上空約5500メートルの気温分布(1月4日夜)
図2 上空約5500メートルの気温分布(1月4日夜)

 元日頃の寒気の南下より、もう少し南下してきます。

 北日本では日本海側を中心に雪が降り、暴風が吹き荒れる見込みです。

 また、北日本のみならず、東日本から西日本の太平洋側でも気温があがらず、厳しい寒さになる見込みです。

 正月休みを終えたUターンラッシュを襲う寒気ですので、最新の気象情報や交通情報に注意してください。

 

西高東低の冬型の気圧配置のときの天気

 西高東低の冬型の気圧配置になると、太平洋側の地方では晴れるところが多くなり、日本海側の地方では雨や雪の日が多くなります。

 太平洋側に位置する東京の16日先の天気予報では、1月5日までお日様マークの日が続きます(図3)。

図3 東京の16日先までの天気予報
図3 東京の16日先までの天気予報

 しかも、これらの予報は、降水の有無の信頼度が5段階評価で一番高いAです。

 一方、日本海側に位置する新潟の16日先までの天気予報では、1月5日まで傘マークや雪ダルママークが続ます(図4)。

図4 新潟の16日先までの天気予報
図4 新潟の16日先までの天気予報

 しかも、これらの予報は、降水の有無の信頼度が5段階評価で一番高いAか、二番目に高いBです。

 つまり、年末年始の休み期間は、典型的な冬の天気が続きます。

日本海低気圧と南岸低気圧

 来週の中頃になると、寒気の南下は弱まり、日本海低気圧と南岸低気圧が出現する見込みです。

 このため、太平洋側でも日本海側でも雨が降るようになります(図5)。

図5 雨の分布予報(1月8日朝)
図5 雨の分布予報(1月8日朝)

 九州から東北南部までの広い範囲で雨となりますが、下層に寒気が残っている中での冷たい雨です。

 内陸部や山沿いでは雪になる可能性があり、場合によっては少し雪の範囲が広がるかもしれません。

 東京の1月8日の予報では、小さな雪ダルママークがついていますし、1月7~9日は黒雲マーク(雨や雪の可能性がある曇り)がついています。

 しかも、最低気温は降水があれば、それは雪となる温度の2度です。

 ただ、東京も新潟も、1月7日の降水の有無の信頼度は、5段階評価で一番低いE、8日の降水の有無の信頼度は、5段階で一番高いAと大きな差がでています。

 

 まだ信頼度にばらつきが多い段階ですが、来週中頃の天気予報は要注意です。

図1の出典:気象庁ホームページ。

図2、図3、図4、図5の出典:ウェザーマップ提供。