台風27号発生 令和元年は「台風の当たり年」とは言わない

台風26号の雲(左下)と熱帯低気圧の雲(台風26号の南東方向)

台風27号の発生

 フィリピンの東海上で、11月20日9時に台風27号が発生しました(図1、タイトル画像参照)。

図1 予想天気図(11月20日9時の予想)
図1 予想天気図(11月20日9時の予想)

 台風発生数の平年値は25.6個ですので、すでに平年値を上回っています(表)。

表 台風の発生数、接近数、上陸数(11月19日現在)
表 台風の発生数、接近数、上陸数(11月19日現在)

 また、11月に5個の発生は、台風資料が整備されている昭和26年(1951年)以降では、平成3年(1991年)と昭和39年(1964年)の6個に次ぐ、3位タイの多さです。

 筆者が以前調査した11月の台風の統計によると、この海域で発生した台風は西北西してフィリピンを通過、南シナ海に入り、一部は台湾の南まで北上します(図2)。

図2 11月の台風の平均経路
図2 11月の台風の平均経路

 台風27号も、ほぼ統計通りのコースを予報していますので、例年通りの11月の台風といえそうです(図3)。

【図3追加(11月20日13時)】

図3 台風27号の進路予報(11月20日12時)
図3 台風27号の進路予報(11月20日12時)

 台風予報は最新のものをお使いください

台風の上陸と接近

 台風の中心が北海道、本州、四国、九州の海岸線に達した場合を「台風の上陸」といいます。

 令和元年(2019年)は、7月27日に台風6号が三重県南部に、8月6日に台風8号が宮崎市付近に、8月14日に台風10号が広島県呉市付近に、9月9日には台風15号が千葉市付近に、10月10日に台風19号が静岡県伊豆半島に上陸しています。

 これから年末にかけて、台風上陸の可能性はほとんどないと思われますが、すでに、台風上陸は5個と、平年の上陸数の2.7個の約2倍です。

 昭和26年(1951年)以降で一番多く上陸したのは、平成16年(2004年)の10個、平成5年(1993年)と平成2年(1990年)の6個に次ぐ、4位タイの多い上陸数です。

 これは、平成以降、台風の上陸数が増えていることを意味するものではありません。

 台風が1個も上陸しない年も増えており、平均すればほぼ同じ上陸数です。

 つまり、平成以降は、極端になっているのです。

 また、台風の中心が国内のいずれかの気象官署から300キロ以内に入った場合を「台風の接近」といいますが、すでに14個と、平年値を上回っています(発生や上陸と違って、接近は隣接する月に同時にカウントされることがありますので、月の値の合計は年の値にはなりません)。

 台風5号のように、東シナ海を北上して上陸しなかった台風でも、台風の接近により7月20日に長崎県の五島と対馬で大雨特別警報が発表となりました。

 沖縄や小笠原では、11月下旬以降でも、10年に1個くらいは、台風接近の可能性がありますので、台風シーズンが完全に終わっているわけではありません。

「台風の当たり年」とは言わない

 令和元年(2019年)は台風発生数、上陸数ともに平年を上回っていますが、「台風の当たり年」とは言いません。

 「当たり」という言葉は「縁起が良い」「幸運に恵まれた」という意味もあり、農作物の収穫が多かったり、思い通りになった年が「当たり年」ということになります。

 「NHKことばのハンドブック」によれば、NHKは、台風をはじめ地震・津波など災害関連情報を伝えるときには、一般に「明るい語感やプラス・イメージを持つ語」は避けて放送することになっています。

 令和元年(2019年)は、台風の発生、接近、上陸が「多かった年」です。

タイトル画像、図1、図3の出典:ウェザーマップ提供。

図2の出典:「饒村曜・宮沢清治(昭和55年(1980年))、台風に関する諸統計、研究時報、気象庁」を著者加筆。

表の出典:気象庁ホームページ。