関東は今週も気温が上がらないが週末は梅雨明けか?

気象衛星赤外画像(7月14日5時50分)

東北から関東での低温

 7月に入り、オホーツク海高気圧から冷湿空気が東北から関東地方に流入しています。

 令和元年(2019年)7月に東京で夏日(最高気温が25度以上)にならなかった日は、7月13日(土)までに9日あります。

 平成元年以降では、平成5年(1993年)の14日、平成15年(2003年)の10日に次ぐ夏日の少なさで、16年ぶりの寒い7月ということができそうです。

 7月14日(日)は、本州南岸に前線が停滞し、沖縄地方は晴れのほかは、ほぼ全国的に雨となっており、特に関東から九州南部では、局地的に雷を伴って激しく降る所もある見込みです(図1)。

図1 地上天気図(7月14日3時)
図1 地上天気図(7月14日3時)

 気象衛星赤外画像(タイトル画像参照)をみても、梅雨前線上に発達した積乱雲の塊があり、この雲がかかると、1時間に50ミリ以上の激しい雨が降りますので、土砂災害や低地の浸水などに注意が必要です。

 最高気温は、沖縄と北海道・東北北部では平年並みですが、その他は平年より低い予想となっており、東京の最高気温の予想も23度です。

 東京で夏日にならなかった日は7月に入って今日で10日と、平成15年(2003年)に並びそうですし、7月15日の最高気温の予想も24度ですので、平成15年(2003年)を抜くかもしれません。

東京の今後の気温

 東京の気温予報をみると、7月16日の最高気温が25度と、夏日になるかどうかギリギリですが、17日以降は夏日が続く予報です。

 そして、21日以降になると真夏日(最高気温が30度以上の日)が連続するという予報になっています(図2)。

図2 東京の令和元年(2019年)7月の気温(14~20日は気象庁の予報、21~29日はウェザーマップの予報)
図2 東京の令和元年(2019年)7月の気温(14~20日は気象庁の予報、21~29日はウェザーマップの予報)

 つまり、平成15年(2003年)の記録を抜く可能性は高いと思われますが、冷害と大雨被害で米不足が発生し、輸入米騒動となった平成5年(1993年)の記録には届かないと思います。

 令和元年は、平成5年(1993年)に次ぐ寒い7月になりそうです。

東京の梅雨明けは

 令和元年(2019年)の梅雨明けは、沖縄では平年より6日遅い6月29日でしたが、奄美では14日遅い7月13日でした(表)。

表 令和元年(2019年)の梅雨明け
表 令和元年(2019年)の梅雨明け

 それ以外の地方では、まだ梅雨明けをしていません。

 東京の16日先までの天気予報をみると、今週は雨マークや黒雲(雨の心配がある曇り)マークが続きますが、7月20日が白雲(雨の心配がない曇り)マークです。

 降水の有無の信頼度が、5段階で下から二番目に低いDで、その後は晴れマークが顔を出すようになります。

図3 東京の16日先までの天気予報
図3 東京の16日先までの天気予報

 ただ、21日と22日には黒雲マークもでています。

 降水の有無の信頼度を考えると、関東甲信の梅雨明けは、20日から23日の間と思われます。

 関東甲信地方の梅雨明けの平年は、7月21日ですので、ほぼ平年並みの梅雨明けかもしれません。

 なお、大阪は7月26日まで黒雲マークがあり、晴れマークがでてくるのも26日です。

 7月26日の降水の有無の信頼度は5段階で一番低いEですが、大阪などの西日本での梅雨明けは、平年より遅くなる可能性があります(図4)。

図4 大阪の16日先までの天気予報
図4 大阪の16日先までの天気予報

 ただ、これは台風の影響がなかった場合の話です。

台風5号の発生は?

 フィリピンの東海上には積乱雲の塊があり、熱帯低気圧になる見込みです(図5の熱低)。

図5 予想天気図(7月15日21時の予想)
図5 予想天気図(7月15日21時の予想)

 この熱帯低気圧が、台風まで発達するかどうか、現時点でハッキリしていませんが、この熱帯低気圧が台風に発達したとすると、台風5号になります。

 台風が発生すると、7~10日先の天気予報は大きく変わりますので、台風が発生したら、新しい予報でのチェックが必要です。

 令和元年は、平成5年(1993年)に次ぐ寒い7月になりそうと記述しましたが、平成5年(1993年)の梅雨末期は、「長雨、低温、日照不足」となり、台風が上陸しています。

 それも連続して3個です。

 7月25日に台風4号が徳島県日和佐町付近に、7月27日に台風5号が鹿児島県大隅半島に、7月30日に台風6号が長崎市付近に上陸しました。

 梅雨前線による雨が続いているところに、熱帯低気圧(台風)が襲来すると、大雨となって大災害が発生する可能性がありますので、最悪、平成5年(1993年)のケースも考え、南の海に十分な注意が必要です。

図1、図5、表の出典:気象庁ホームページ。

図2の出典:気象庁資料とウェザーマップ資料をもとに著者作成。

タイトル画像、図3、図4の出典:ウェザーマップ提供。