ゴールデンウィーク前半の天気は?

レジャー(GYRO PHOTOGRAPHY/アフロ)

夏日が冬日を上回る

 気象庁では、日最高気温が25℃以上の日を夏日、日最低気温が0℃未満の日を冬日として、季節変化の指標としています。

 平成最後の4月のはじめは、全国の926地点の半分以上が冬日でした。

 冬日は、日本海低気圧により暖気が入った5~6日に激減しましたが、高気圧に覆われ、放射冷却によって気温が下がった12~13日には再び増えました。

 しかし、17日からは沿海州の低気圧向かって暖気が入り、北日本を中心に気温が上がって、北海道でも夏日を観測したところがあり、18日は今年初めて全国の夏日を観測した地点が、冬日を観測した地点を上回りました(図1)。

図1 全国の冬日と夏日の地点数の推移(平成31年4月の夏日と冬日)
図1 全国の冬日と夏日の地点数の推移(平成31年4月の夏日と冬日)

 気象庁が4月18日に発表した1ヶ月予報では、北日本はほぼ平年並み、東日本では平年並みか高く、西日本と沖縄・奄美では高いとなっています。

 特に第1週目は、西日本と沖縄・奄美では、気温が低い確率10%、並みの確率10%、高い確率80%です。

 また、東日本でも、気温が低い確率10%、並みの確率20%、高い確率70%です。

 確率は10%刻みで発表され、0%という情報がほとんど発表されないことを考えると、この高い確率80パーセントや、70%というのは、ほぼマックスの確率です(図2)。

図2 1ヶ月予報の1週目の気温
図2 1ヶ月予報の1週目の気温

 4月20日以降の1週間は、つまり、ゴールデンウィーク前の1週間は、ほぼ全国的に気温が高くなる見込みです。

気象庁の週間天気予報

 低気圧や高気圧の発生・発達、移動等を考え、日々の天気予報を行うことは、7日から2週間が限界といわれています。

 このため長期予報は、個々の日の予報ではなく、ある期間の平均的な状態の予報となっています。

 また、日々の天気予報は、気象庁が行っているのは1週間先までです。

 ウェザーマップなど民間気象会社は、10日先までの予報を行っていますが、きめ細かいアフターフォローなどがあって可能となっていることです。

 この10日予報によると、ゴールデンウィーク直前の4月26日の金曜日は、ほぼ全国的に雨マークがついていますが、翌27日の土曜日からは晴れマークが多くなっています(図3)。

図3 ゴールデンウィーク前半の天気(数字は上段が最高気温、下段が最低気温)
図3 ゴールデンウィーク前半の天気(数字は上段が最高気温、下段が最低気温)

 これは、26日は、北日本を低気圧に伴う前線が通過し、沖縄県には東西に伸びる前線が存在するからです(図4)。

図4 平成31年(2019年)4月26日夜の雨の分布予報
図4 平成31年(2019年)4月26日夜の雨の分布予報

 まだ予想誤差が大きい段階ですが、27日には、北日本の雨や沖縄の雨が弱まる見込みですので、ほぼ全国的に行楽日和のゴールデンウィーク前半という可能性が高くなっています。

 もうすぐ、最長で10連休と言われる平成令和の連休が始まります。

 安全で十分楽しむため、最新の気象情報の確認をお願いします。

図1の出典:ウェザーマップ資料より著者作成。

図2の出典:気象庁ホームページ。

図3、図4の出典:ウェザーマップ提供。