平成最後の寒波 東京の最高気温7度

さくら(ペイレスイメージズ/アフロ)

東北南部まで北上

 さくらの開花前線が東北南部から新潟県にまで北上し、3月中に満開となった東京周辺は、散っているさくらも多くなってきました(図1)。

図1 さくら開花前線(ウェザーマップ4月8日発表)
図1 さくら開花前線(ウェザーマップ4月8日発表)

 順調に北上してきた「さくら開花前線」ですが、ここへきて少し足踏みです。

 これは、日本上空に寒気が入ってきたためです。

 気象庁の長期予報では、当初、4月前半に寒気が北日本を中心に南下し、4月中旬には並みの気温になるとしていました。

 しかし、ここへきて、寒気の南下は長引く予報にかわりました。

 日本上空約5500メートルには、氷点下30度という、真冬並みの寒気が南下しましたが、この寒気はまもなく日本の東海上に抜ける見込みです(図2)。

図2 日本上空約5500メートルの気温(4月9日朝)
図2 日本上空約5500メートルの気温(4月9日朝)

 しかし、3日周期ごとにやや強い寒気が北日本を中心に通過します。

 このため、北日本と東日本はしばらく気温が上がりません。

 東京の4月10日の最高気温の予想は7度です(図3)。

図3 各地の週間天気予報と最高気温
図3 各地の週間天気予報と最高気温

 翌日の11日に比べると、東京の10日は、極端に低い最高気温となっています。

 そして、今週一杯は低い気温の日が続きます(図4)。

図4 東京の4月の最高気温と最低気温(9日の最高気温から16日の予報は気象庁、17日から19日の予報はウェザーマップによる)
図4 東京の4月の最高気温と最低気温(9日の最高気温から16日の予報は気象庁、17日から19日の予報はウェザーマップによる)

(注)図3は4月9日11時発表の新しい週間予報です。また、図4を追加しました(4月9日12時)。

平成最後の寒波

 4月10日は南岸低気圧が本州の南海上を東進します(図5)。

図5 予想天気図(4月10日21時の予想)
図5 予想天気図(4月10日21時の予想)

 このため、東日本には冷たい雨が降り、東京の最高気温は7度、最低気温は5度と一日中気温が上がりません。

 図6は、コンピュータによる3種類の東京の気温変化の予想ですが、どれも、未明に最高気温が出たあと、気温が下がりっぱなしで、日中の気温はほとんどあがりません。これらの資料を基にして、東京の最高気温7度、最低気温5度という予報が出されたのです。

図6 コンピュータが計算した東京の気温変化
図6 コンピュータが計算した東京の気温変化

 花冷えを通り越して、冬の寒さですので、関東甲信地方の標高の高い地方では雪に注意が必要です(図7)。

図7 南岸低気圧による雨と雪の判別(4月10日8時)
図7 南岸低気圧による雨と雪の判別(4月10日8時)

 平成最後の寒波は、タイトル画像のように、さくらの花びらに雪が積もるかもしれません。

図1、図2、図3、図5、図6、図7の出典:ウェザーマップ提供。

図4の出典:気象庁資料、ウェザーマップ資料を元に著者作成。