年末寒波が南下、年明けに弱まっても帰省帰りに再び寒波

雪下ろし作業(GYRO PHOTOGRAPHY/アフロ)

低気圧の最低気圧

 カムチャッカ半島の南にある低気圧の気圧が938ヘクトパスカルまで発達する見込みです。

 低気圧は、台風のように、中心付近だけが気圧が特に低いというものではなく、中心付近の観測が常に行われているわけではありません。このため、天気図を解析して低気圧の中心気圧を求めていることから、熱帯低気圧のように最低気圧のランキングは作られていません。

 しかし、一番低いというものはあります。

 それは、平成5年(1993年)1月10日に、イギリスとアイスランド間の低気圧で、912ヘクトパスカルと解析されました。

 台風では、昭和54年(1979年)の台風20号で記録した870ヘクトパスカルなど、900ヘクトパスカルを下回るものがありますが、低気圧では910ヘクトパスカルを下回るものはなさそうです。

 日本に影響を与える北太平洋で、930ヘクトパスカル位まで低気圧が発達するのは、平成23年(2011年)1月17日の932ヘクトパスカルをはじめ、ほぼ30年に1回位です(表)。

表 低気圧による最低気圧の記録(解析値)と台風による最低気圧の記録(観測値)
表 低気圧による最低気圧の記録(解析値)と台風による最低気圧の記録(観測値)

 今が、その30年に1回かもしれません。

強い冬型の気圧配置

 大陸には中心気圧が1060ヘクトパスカルという優勢な高気圧があり、カムチャッカ半島南部にある低気圧によって、日本付近は西高東低の冬型の気圧配置となっています。

 大陸の高気圧とカムチャッカ半島南部の低気圧の気圧差は、120ヘクトパスカル以上にもなり、日本付近の等圧線の間隔が非常に狭くなっています(図1)。

 等圧線の間隔が狭ければ狭いほど強い風が吹きます。

 このため、全国的に強い風が吹き、北日本や北陸地方では暴風雪が吹き荒れています。

図1 予想天気図(12月29日9時の予想)
図1 予想天気図(12月29日9時の予想)

日本上空の寒気

 年末寒波は、上空約5500メートルで氷点下42度以下で、12月としては、非常に強い寒気です。それが北海道に入ってきています(図2)。

図2 上空約5500メートルの気温(12月29日朝)
図2 上空約5500メートルの気温(12月29日朝)

 上空約5500メートルの気温が氷点下36度というのが大雪の目安になっています。

 この氷点下36度は、12月27日には北海道中部でしたが、29日には東北地方まで南下してきました。

 そして、年始にかけて東北地方に停滞します(図3)。

図3 上空約5500メートルの気温(1月1日夜)
図3 上空約5500メートルの気温(1月1日夜)

 これだけ強い寒気が南下すると、氷点下30度線、氷点下24度線も大きく南下することが多いのですが、こちらはあまり南下せず、北陸地方で温度差が大きくなっています。

 年末寒波は、北日本・北陸が中心です。

 そして、1月3日には、氷点下36度は千島まで北上します(図4)。

図4 上空約5500メートルの気温(1月3日夜)
図4 上空約5500メートルの気温(1月3日夜)

 しかし、1月5日(金)には再び南下してきますので、帰省帰りの交通機関が心配です。

図5 上空約5500メートルの気温(1月5日朝)
図5 上空約5500メートルの気温(1月5日朝)

東京の年末年始の気温

 東京の12月からの気温の推移は図5のようになります。

図6 東京の12月の気温(12月28日以降は予報)
図6 東京の12月の気温(12月28日以降は予報)

 年末寒波の影響で12月28日以降、平年より気温が低くなりましたが、年始に向けては最低気温はほぼ平年並み、最高気温は平年より若干低くなります。

 ただ、気温の予報範囲は大きく、ちょっとしたことで違った印象の正月になると思います。

タイトル画像、図2、図3、図4、図5の出典:ウェザーマップ提供。

図1の出典:気象庁ホームページ。

図6の出典:気象庁ホームページをもとに著者作成。

表1の出典:饒村曜(平成23年(2011年))、低気圧の最低気圧、近代消防、近代消防社。