クリスマス寒波の年は猛暑の年

雪のイメージ(写真:アフロ)

クリスマス寒波の予想

 平成30年(2018年)の12月は、中旬に強い寒気が南下したために、全国的に平年並みの寒さとなりました。

 その後、寒気の南下が弱まり、気温が高い状態が続いていますが、次にシベリアから強い寒気が南下してくるのがクリスマス(12月25日)の頃です(図1)。

図1 クリスマスの頃の寒気の南下
図1 クリスマスの頃の寒気の南下

 上空約5500メートルの気温は、氷点下36度で大雪の目安となっていますが、この氷点下36度線が北海道まで南下してきます。

 また、氷点下30度で平地でもまとまった雪が降るとされていますが、この北緯30度線は東北地方まで南下してきます。

 年末の頃に、西高東低の強い冬型の気圧配置となって大荒れになることを「クリスマス寒波」といいます。宗教的な意味合いは全くありません。

 広い意味で、年末寒波ということもありますが、狭い意味での年末寒波は、もうすこし暮れも押し迫ったころの寒波をさします。

最近のクリスマス寒波

 最近の新聞記事で、「クリスマス寒波」と記した記事が多いのは、昭和59年(1984年)、平成4年(1992年)、平成7年(1995年)、平成24年(2012年)です。

クリスマス寒波 東京・横浜などで初氷

 二十四日、日本列島は沿海州を中心とする零下50度の大寒気団にすっぽり覆われ、各地で今冬最低気温を記録、また日本海側では大雪に見舞われるなど、クリスマス寒波となった。

出典:朝日新聞(昭和59年12月24日夕刊)

クリスマス寒波 新潟などに大雪警報

 冬型の気圧配置が続く日本列島は二十四日、北海道、東北地方の日本海側や北陸、山陰地方などを中心に雪が降り、大雪警報や注意報が出された。

 気象庁によると、二十四日夕までに、北海道・朱鞠内、新潟・津南、宮城・栗駒、福島・只見などで積雪量が一メートルを超え、新潟、福島県の一部で一時間に五センチ以上の雪が積もった。

出典:読売新聞(平成4年12月25日朝刊)

西日本にクリスマス寒波 雪で名神・北陸道は通行止め

 西日本は二十四日夜から今冬一番の強い冬型の気圧配置に変わり、日本海側を中心に雪となった。二十五日は近畿地方北部や山陰、北陸地方で大雪の恐れがあり、近畿中部でも積雪が予想されるなど〈クリスマス寒波〉に見舞われそうだ。

…阪神大震災の被災地での二次災害の恐れもあり、同気象台は、「強風・高波と大雪に関する情報」を出して警戒を呼びかけた。

出典:読売新聞(平成7年12月25日朝刊)

寒波 冷え込み28日まで=北海道

◆和寒-29.0度/江別-22.9度/札幌-11.3度

 「クリスマス寒波」と呼ばれる強い寒気がシベリアから流れ込んだ影響で、道内は24日、各地で厳しい冷え込みとなった。札幌管区気象台によると、和寒町では同日午後10時5分、富士山頂を除く国内の観測地点で、今冬最も低い氷点下29.0度を記録した。また、道内の173観測地点のうち、江別市(氷点下22.9度)など28地点で12月の観測史上最低気温を、札幌市(同11.3度)など138地点で今季最低気温を更新した。

出典:読売新聞(平成24年12月25日朝刊)
図2 地上天気図(平成24年12月24日9時)
図2 地上天気図(平成24年12月24日9時)

 昭和59年(1984年)、平成4年(1992年)、平成7年(1995年)、平成24年(2012年)と今年、平成30年(2018年)とには共通点があります。

表 クリスマス寒波があった年の夏と冬
表 クリスマス寒波があった年の夏と冬

 それは、いずれの年も、夏が記録的に暑かったということです(表)。

 夏の暑さとクリスマス寒波とには関係があるのか、あるいは、単なる偶然で関係がないのかはわかりませんが、バランスをとろうとする自然の仕組みの奥深さを感じます。

 ただ、クリスマス寒波に続く冬は、寒い冬であったり、暖かい冬であったりと、関連性はなさそうです。

 平成30年(2018年)のクリスマスの頃の寒気南下の予想は、コンピュータに入力するデータが少し違っただけで、結果が大きく異なる性質があり、予想が難しいタイプです。

 図1より寒気が大きく南下することも、南下しないこともありますので、最新の気象情報での確認が必要です。

図1の出典:ウェザーマップ提供。

図2の出典:気象庁ホームページ。

表の出典:気象庁資料をもとに著者作成。