最高気温40度超え 日本記録を出した平成25年よりも早いペースの猛暑日

地上天気図と気象衛星から見た雲(平成30年7月18日21時)

5年ぶりの最高気温が40度超え

 日本付近は優勢な太平洋高気圧に覆われ、晴れて気温の高い日が続いています。北海道を覆っているオホーツク海高気圧も次第に温まって、雨が続いていた北海道も晴れてきました(タイトル画像)。

 今年、平成30年(2018年)7月18日に岐阜県の多治見で40.7度、美濃で40.6度の日最高気温を観測しましたが、これは、平成25年以来の40度超えです。

 平成25年は高知県の江川崎で8月12日に日本記録の41.0度を観測した年で、山梨県の甲府で40.7度、群馬県の館林で40.1度を観測しました(表)。

表 日本の日最高気温
表 日本の日最高気温

しばらく続く猛暑

 日本を覆っている太平洋高気圧の勢力は強く、北から寒気の南下がないため、山沿いを中心に局地的な雷雨があっても、打ち水で気温を下げるということは期待できません。

 また、太平洋高気圧の勢力が強いと、熱帯で発生する台風の北上も妨げます。発生したばかりの台風10号は、今後やや北上して週末の沖縄に影響を与える可能性がありますが、東日本から西日本への影響はなさそうです。

 このため、10日先までの拡大週間天気予報では、北海道と沖縄を除いて、晴れて暑い日が続きます(図1)。

図1 各地の週間天気予報
図1 各地の週間天気予報

 7月19日以降も、岐阜県・多治見や美濃のように、最高気温が40度を超す観測地点がでてくる可能性があります。これまで、11県で最高気温が40度を超えていますが、新たな府県が加わるかもしれません(図2)。

図2 日最高気温40度以上を観測したことがある県
図2 日最高気温40度以上を観測したことがある県

早いペースの猛暑日

 最高気温が35度以上という猛暑日の全国の累計は、今年は7月18日までに1421日と、平成25年(2013年)の同時期の802日より大幅に増えています(図3)。

図3 最近7年間の猛暑日の累計
図3 最近7年間の猛暑日の累計

 例年ですと、梅雨明けとなった7月下旬ころから猛暑日が増えはじめ、8月上旬から中旬に猛暑日のピークがくるのですが、今年は、梅雨明けが早いこともあって例年より早く猛暑日が出現しました。

 毎日同じような天気図が続き、多くの地方では、体が夏の暑さに慣れないうちに、強烈な猛暑の日が続いています(図4)。

図4 予想天気図(7月20日9時の予想)
図4 予想天気図(7月20日9時の予想)

 今年の猛暑予報は精度が高いと考えられます。

 これからの暑くて長い夏を健康で乗り切るためには、こまめな水分補給と十分な睡眠が必要です。

図1、図2の出典:ウェザーマップ提供。

図3、表の出典:気象庁ホームページをもとに著者作成。

図4の出典:気象庁ホームページ。