大阪で震度6弱 今日深夜からの大雨に警戒

6月19日の大阪府北部地震による推計震度分布

大阪府北部地震

 6月18日7時58分頃に大阪府北部で最大震度が「震度6弱」、京都府南部で最大震度が「震度5強」という地震が発生しました。タイトル画像は、このときの推計震度分布で、近畿地方の広い範囲で震度4以上を観測しました。

 震度6弱を観測したのは、大阪市北区や大阪府の高槻市、枚方(ひらかた)市、茨木市、箕面(みのお)の5市区です。

 大阪府で震度6弱を観測したのは、観測体制が整った大正12年(1923年)1月以降、初めてのことです。

 大阪府や京都府で揺れが大きかった地域では、地盤が脆弱になっている可能性が高いため、雨による土砂災害の危険性が通常より高いと考えられます。

このため、気象庁では、地震が発生するとすぐに大阪府、京都府のうち震度5強以上を観測した市町について、各気象台が発表する大雨警報・注意報の発表基準(土壌雨量指数基準)を通常基準より引き下げるという暫定基準を設けました。通常よりも警戒を高めるためで、当分の間の措置です。

表 大阪府北部の地震による大雨警報等の暫定基準
表 大阪府北部の地震による大雨警報等の暫定基準

大地震のあとの雨ではなく大雨

 沖縄付近に停滞していた梅雨前線が、太平洋高気圧の強まりとともに北上しています。

 このため、本州付近に北上した梅雨前線の活動が活発になる見込みです。梅雨末期の大雨のパターンです(図1)。

図1 予想天気図(6月20日9時の予想)
図1 予想天気図(6月20日9時の予想)

 気象庁では、大地震のあとは、少しの雨でも地盤が脆弱ということで、大雨警報等の発表基準を下げて運用していますが、今回は基準を下げなくて警報の可能性があるということで、厳重な警戒が必要です。大阪府で20日に大雨警報が発表となる可能性は「中」です(図2)。

図2 大阪府の警報級の可能性
図2 大阪府の警報級の可能性

 しかも、大雨の可能性があるのは、今日深夜からです(図3)。

図3 大阪府枚方の時系列予報
図3 大阪府枚方の時系列予報

 深夜の大雨は、避難が遅れがちになるなどで、これまで多くの大災害が発生してきた、非常に危険な時間帯の大雨です。

 大雨に備え、厳重な警戒をする必要がありますが、対策を取る時間は、今日の日中しか残されていません

 対策を急がないと、地震の被害以上の二次災害が発生する懸念があります。

 6月20日の雨は、大阪だけの大雨ではありません。西日本を中心の大雨で、各地で注意が必要な雨です(図4)。

図4 6月20日朝の雨の分布
図4 6月20日朝の雨の分布

 そして、雨域は東日本にも広がります。

 週間天気予報によれば、東日本から西日本にかけて、梅雨らしく雨の日が続きますので、気象情報に注意が必要な一週間になります(図5)。

図5 東京都と大阪府の週間天気予報
図5 東京都と大阪府の週間天気予報

タイトル画像、図1、図2、図5の出典:気象庁ホームページ。

図3、図4の出典:ウェザーマップ提供。