難しい日本語 正反対の天気で「花雨」、音の「かう」には多くの意味

舞い散る桜の花と富士山(ペイレスイメージズ/アフロ)

 移り変わる四季があり、様々な花鳥風月がある日本では、昔から豊かな日本語を使ってきました。

 太平洋戦争中、アメリカ軍は日本軍の暗号を次々に解読していったのですが、「解読に成功しても意味が分からないということが時々あった」といわれるほと、日本語は同じ発音で違う意味の言葉が多くあります。「花雨(かう)」もその一つです。

花散らしの雨

 前線を伴った低気圧が発達しながら日本列島を横断しているため、4月6日(金)日中の東日本では、南よりの強い風が吹いて、満開を過ぎた桜の地方では花びらが風によって宙に舞っています(図1)。桜の花びらを雨に例え、「花雨」と呼ばれる現象がおきています(花というと桜をさします)。

図1 地上天気図(4月6日9時)
図1 地上天気図(4月6日9時)

 低気圧と前線に伴う雨域が西日本に移動してきたため、桜の木に花が残っているところで雨が降っています。花びらが雨に濡れて風情をかもしだしていますが、これも「花雨」といいます。

 つまり、雨が降らない「花雨」と、雨が降る「花雨」があります。

色々な意味の「かう」

 「花雨」を音で聞くと「かう」ですが、「かう」なら色々な意味の言葉があります。

 「雨と風の事典(注)」には、下雨・華雨・佳雨・花雨・過雨・寡雨・嘉雨・夏雨という8つの「かう」が掲載されています。

下雨(雨や降るように弾丸や矢などが激しく落ちること)(雨が降ること)

華雨(花に降りかかる雨)

佳雨(降り時が好都合な雨)(佳き雨)

花雨(桜の花びらが雨のように散ること)(桜の花に降りかかる雨)

過雨(通り雨)(一過性の雨)

寡雨(雨量が少ないこと)

嘉雨(干天の慈雨や埃抑えの雨などの喜ばしい雨)

夏雨(夕立など夏場に降る豪快は雨)

「寒の戻り」の後は

 「花雨」は、どちらの意味でも寒暖差の大きな頃の現象です。

 「花雨」をもたらした発達した低気圧の通過後、一時的に西高東低の冬型の気圧配置となり、北からの寒気が南下します。ただ、低気圧の西側は、上空の寒気の影響で気圧が比較的低い状態となっていますので、やや強い北風が吹くのは、低気圧の通過直後からではなく、低気圧が日本から離れてからです(図2)。

図2 予想天気図(4月7日9時の予想)
図2 予想天気図(4月7日9時の予想)

 一時的な「寒の戻り」となりますが、その後は1日の寒暖差が10度以上もある日が続きますので、外出時には服装に注意が必要です(図3)。

図3 東京地方と大阪府の週間天気予報
図3 東京地方と大阪府の週間天気予報

(注)饒村曜(平成16年(2004年))、雨と風の事典、クライム。